33歳路線変更~パリ行き 2006年7月ダンナさんの修行のためパリに引越し。私はずっと興味のあったパティスリーの勉強を始めました。


by akiko03t

外国人登録

ポリスに行きました。
sejour(滞在許可書)の申請です。
並ぶよ、待つよ、感じ悪いよー、時間かかるよー、と散々悪いうわさは聞いていたので覚悟していきましたが、案の定待ちました。。。
ポリスの外の煌々と照り付ける日向で1時間、やっとなかに入れてもらって1時間。
立ちっぱなし、クーラーなし。
夏場のディズニーランドの列よりしんどいです。だって、耐えた後に楽しいアトラクションがあるわけじゃないですしね。
ダンナさんが念には念を重ねて、下準備しておいてくれたお陰で必要書類は全て揃っていたため、出直しは逃れました。
2時間も並んだのに、必要書類が足りないと無残にもその場で退場となるわけです。
私たちの前に並んでいた、中国人、アフリカ人、何人も出直しを言い渡されていました。
で、番号札をもらってさらに待つこと30分。
再度書類の詳細チェック。
彼のお母さんの住所が引っ越し前のままになっているとかで、危うくいちゃもんつけられて出直しになるかと思いきや、「今彼女はバカンス中で、行く前に予約を取ろうとしたけどダメだったんです。」というダンナ。
「それじゃぁ、必ずバカンスから戻ってすぐに住所変更するように。」
すげぇ、バカンスってそんな言い訳にも使えるのかー。
めでたく仮の滞在許可書をもらい、次の出頭日のランデブー(予約)。
なんと11月です。

いやいや、今日もヘトヘト。
お昼も食べずに並んでいたので、取り急ぎカフェでサンドイッチ。
物価がかなり高くなり、イマイチなサンドイッチでもカフェとセットで6,9ユーロ。
ドトールのミラノサンドAの方がずうっとおいしくて、安いのになぁ。
クーラーも効いてるし。。。

さぁ、気分を入れ替えてアパート探しは続きます。
不動産屋さんに紹介してもらった物件。
15区、6階(日本式に数えると7階)エレベーターなし!!
パリにはエレベーターなしの物件、結構あるんですよー。
日本だと考えられないですよね、7階までくるくる、くーるくるらせん階段が続くわけです。
しかも狭くて、階段一段一段が平らじゃないんですよー。
25㎡、2部屋。家具なし。650ユーロ/月。
不動産屋のおばさんは、朝この階段を上って膝を痛めたとかで、1階で私たちを待っていました。
確かにそのくらい、膝にきます。。
部屋は両側に窓が付いているので、窓を開けると風が通り眺めもいいです。
裏側は公園になっていて、穏やかな雰囲気。
この眺めいいなぁ、でも、そのために毎日くるくる上るのは。。。。
私も膝を痛めたばかりですしね、あと5年若かったらいいんだけど。
とりあえず保留です。

この日は頑張りました、19:30にもう一見物件拝見。
こちらは11区、同じく6階(日本式だと7階)、エレベーターあります。家具付き、22㎡、680ユーロ/月。
駅近、スーパーも近く、大家さんとなる若いカップルは二人ともサンパ(感じがいい)。
お風呂にはバスタブもあり、家具は全部揃っていて洗濯機もあります。
眺めもよく、バスティーユのスタチューが見えます。
でも、ちょっと狭いかなぁ、あとはダンナさんの仕事場から遠い。。
メトロを乗り継いで、1時間弱でしょうか。
とりあえず保留。

パリのアパート探しは本当に大変なんです。
書類をいくつも用意しなくてはいけないし、2人保証人が必要です。
その保証人も含めて、昨年の源泉徴収、税金の支払い明細、ID、直近3ヶ月のお給料明細など、全て揃っていないと、しかも収入によっては今銀行口座にお金をたくさんもっていても貸してもらえない、ってことがあるんです。
これで彼も相当苦労していました。

果たしてどうなるのか。。
[PR]
by akiko03t | 2006-07-24 23:40 | Paris Journal