33歳路線変更~パリ行き 2006年7月ダンナさんの修行のためパリに引越し。私はずっと興味のあったパティスリーの勉強を始めました。


by akiko03t

物価

スーパーにも私の好物がたくさん売られていて、しばらく見ていて飽きません。
まず楽しみにしていたのは、ヨーグルトのように売られているフロマージュブラン。
日本では、ケーキ屋さんでクレームアンジュとう名で売られていたり、銀のぶどうでは”白らら”とう製品がそうですよね。
まだフロマージュブランはそれほど日常的に浸透していないのが残念です。
フランスではこんなに気軽に買えて、ポールおじさんの手作りジャムなんかを添えちゃうと、
a0077419_0565851.jpg

キャー、シェシーマのクレームアンジュみたいぃーーー!!

ユーロが強いせいもありますが、フランから切り替わったときに便乗値上げがあったようで、だいぶ物価が高いパリです。
正直参ってます。。。
私が前回パリにいたのは、フラン最後の年だったのでユーロの強さを今痛感しているところです。
二人でカフェでランチをしようものなら、一番安いmenuを選んでも食後にカフェを一杯飲んだだけで3000円を超えることは珍しくありません。
結構海外に出かける私ですが、東京のほうが安い!なんて思ったのは初めて!
そんな中で安くてよかったー、と思うものはやはり、チョコレート、ワイン、チーズですね。
ワインはスーパーで一番安いのは0,99ユーロでした。
もちろんボトル。150円ですね。
大体3~4ユーロでした。
カフェではグラス一杯のワインは、コカコーラやジュースよりも安いことは珍しくありません。

でも有名なパティスリーのケーキは、やはり一つ4ユーロ5ユーロしていて東京と殆ど変わりません。もちろん、大きさは違いますけどね、こちらの方が断然大きいです。
[PR]
by akiko03t | 2006-07-29 00:56 | Paris Journal