33歳路線変更~パリ行き 2006年7月ダンナさんの修行のためパリに引越し。私はずっと興味のあったパティスリーの勉強を始めました。


by akiko03t

私のほうが緊張しました

こちらに来てから、ダンナさんの家族と店員さん以外とは話をしていない、実は引きこもり(??!!)的な私です。
私が前回パリに滞在していたのはもう5年も前で、4年近く住んでいたMotokoもさすがに昨年帰国済み。
ふじこさんも昨年ご主人の仕事で東京に戻ってしまったし、知ってる人はいないんですー。
しかも現在主婦業ですので、同僚おらず。
孤独なんですよー、これでも。
ってこともないか?!(笑)

まま、日本人語でダンナさん以外とお話がしたい、っていうのもあって友達に「誰か、知り合いを紹介して!」と頼んだところ、れいこちゃんが早速紹介してくれたN子さんに本日お会いしました!!

彼女はパリの郊外にお住まいで(と言ってもメトロ圏内)、今月末が2人目のお子さんの出産予定という臨月にもかかわらず、この孤独なジャポネーズにお時間を割いてくださいました。
そして私が何よりも緊張したのは、彼女の3歳の娘さんです!
私、大の子供嫌い、苦手。
最近は友達に子供が生まれたり、私も年を取ったせいか、だいぶ子供に対する嫌悪感は薄らいだものの、何せ接した経験が殆ど無いため子供も私に寄り付きません。
そしてこの濃い顔立ちですから、きっと今日も引かれちゃうんじゃないかなー、と思っていたら、、、。
なんと彼女は日本人の女性が大好きなんだそうで、どうやら私も彼女には(インドネシア人ではなく!!)日本人に映ったようで、彼女から手を握ってきたり、私の膝に座ったりと、まーーーー信じられない状況だったわけです!!!
私のことを知る人だったら皆この絵に驚いたはず!!
私がだってかなりびっくりな状況でしたけどね。

N子さんもこちらへ引っ越してくる時は、私と同じように出国準備に苦労したそうです。
出発直前に過労で倒れて点滴を打ったとか!
私も知恵熱(!!??)出しましたもんね。
たくさんお話をさせてもらいました。

N子さん、今日はありがとうございました。
Lちゃん、また遊んでね☆
れいこちゃん、ステキな方を紹介してくれてどうもありがとね。
[PR]
by akiko03t | 2006-08-16 23:57 | Paris Journal