33歳路線変更~パリ行き 2006年7月ダンナさんの修行のためパリに引越し。私はずっと興味のあったパティスリーの勉強を始めました。


by akiko03t

救援物資到着! from Maya!!

キタ━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!
こーんなにたくさーん。
a0077419_17281842.jpg


大阪のMayaに爪の甘皮をとるオレンジスティックを頼んだところ(Mayaはネイリストです)、楽しい援助物資まで入れてくれましたー。
カレーが食べたかったのよー。
しかも中辛!うちは中辛なんです、さすがMaya!!
すし太郎も入ってるよー。
うれすぃぃいい。
☆⌒v⌒v⌒ヾ(≧ω≦)ノヒャッホーィ♪
オレンジスティックもたーくさん入れてくれて、本当にどうもありがとうね。

しかもー、Mayaらしくこんなにかわいい梱包でした。
a0077419_17334594.jpg

だからなのか。。。。。

前回日本から荷物が届いたとき、少し大きくて郵便受けに入らなかったら、不在通知が入っていて郵便局まで取りに行かなくてはならなかったんです。
こういうときは、管理人さんが預かってくれるはずなんですけどねー。
実はこのアパートの管理人、少し若めの女性でいっつも電話してるんですよ(大声で)、こちらが話しに行ってるときも電話置かないの。
で、週末には大音響でスペイン音楽を楽しみー、私たちの家にお姉さん夫婦が来たときに窓を開けていたら「少し静かにしてください、眠れません」なんて忠告。
私たちちっとも騒いでいなかったのにー。
なので私たち夫婦の間では、なんじゃアイツは!ってことになってます。
ま、私はどう手なずけようかと現在思案中ですが。

なので、昨晩ドアをノックして「管理人のダンナです」という声を聞き、恐る恐るドアを開けたとき、このかわいい小包を持って微笑んでるおじさんがいたときは、かなりびっくりしました。
「メルシーボクー、メルシー!!」と驚きと喜びに満ちた私の反応に、彼も少し驚いた様子でした。
きっとこのバラのシールがたくさん貼ってある包みをみて、届けてあげようって思ったんじゃないかしら。。(=勝手な読み)
ほほう、感じのいいダンナがいるんだな。。。。

Akiko,管理人との和解(喧嘩したわけではないけど)に期待するのでありました。
ま、一筋縄ではいかないだろうけどネ。

Maya、本当にどうもありがとう。
[PR]
by akiko03t | 2006-08-18 17:50 | Paris Journal