33歳路線変更~パリ行き 2006年7月ダンナさんの修行のためパリに引越し。私はずっと興味のあったパティスリーの勉強を始めました。


by akiko03t

Day2 観光 午後編

お腹一杯の飲茶の後は、Yotta-sanがぐるっと案内してくれました。
ピカデリー・サーカス→オールド・ボンドストリート→ニュー・ボンドストリート→オックスフォード・ストリート。

ピカデリー・サーカスにあるジャパン・センター、通称ジャパセンは1階で日本食が食べられ、地下には大変充実した日本食とお惣菜があります。
価格もパリの日本食材店よりも安いような気がしました。いいなぁ、ロンドン生活。。
フォートナム&メイソンは高級食材店!!
日本では紅茶のイメージが強いのですが、コーヒーもお惣菜もありましたよ。
奥にはティーサロンもありました。
ボンドストリートにあるマークス&スペンサーまで案内していただいて、Yotta-sanはネイルサロンへ。
私はその後も精力的にこの日のスケジュールをこなしたのでした。

ボンドストリートのマークス&スペンサーがロンドンで一番大きいらしいのです。
どうして一番大きなお店に連れて行ってくれたのかといいますと、、、、
a0077419_3575981.jpg

これを探していたのでーす!!
これまた私の大好物☆
まだパリにもM&Sがあったころ、このコーンフレークをたくさん買い込んで帰ったものです。
このコーンフレークを教えてくれたのは、くみこ。
おーい、元気にしてるかい??

さて、やっとのことで好物を発見したのですが、これから美術館に行くのにコーンフレークを下げていくのはなんだなぁ。
聞くとお店は夜9時までやっているということなので後でまた来る事にして、さぁ、今回一番楽しみにしていたナショナルギャラリーへ。
a0077419_4195520.jpg

Yotta-sanに教えてもらったバスに乗り無事到着。
りみさんが、「圧巻よ!」と教えてくれた通り、期待通りの名画を見ることができました!!
入場無料、オーディオガイド£3.
受付のお兄さんは大変親切で、丁寧に対応してくださいました。
英語のガイドは殆ど全ての説明を網羅しているらしいのですが、日本語(たぶんフランス語も)はハイライトされた名画だけの説明です。
「英語でもいいから、説明を聞きたいときは聞けるんでしょうか?」
すると言語切り替えの仕方をこれまた親切に教えてくださいました。

さて、いざ出発!!!
おおおお、すばらしい。。(*´∀`嬉)
楽しみにしていた、ラファエロ、ボッティチェリ、ダビンチ、レンブラント、モネ、ファン・エイク、ターナー。。。
幸せです。
やっぱりパリに戻ったら、ルーブルにまた行ってみようかな。
お土産ショップに駆け込んで(どうやら17:30で終了だったらしく、私が入ったらすぐに閉店模様)、やっぱり買ってしまいましたガイドブック、その名も「名画たち」!!

充実した気持ちがいっぱいですっかり元気になってしまった私は、調子に乗ってまだ慣れないロンドンバスに乗ってボンドストリートまで戻ろうとバス停を探しました。
スタバのお姉さんに聞いたら、「どれもオックスフォードストリートにいくから、大丈夫よ」などど、やや大雑把に教えてくれたので、私もさっくりと乗り込んでしまったんですね。
むむ??何かよからぬ方向へ向かっているような???
隣のお姉さんに聞くと、「違うはずよ、運転手さんに確認してみてください」
運転手さん、運転中ですが失礼します「ボンドストリートに行きますか??」
ドライバー:「反対方向だよー!次のバス停で降りて、反対の23番か15番に乗り換えなきゃ!」
おおおお、やっちまったか。
そしてバスを降りると、一緒に降りたマダムが「ボンドストリートに行きたいんでしょ?反対側のバス停まで連れて行ってあげるわ」
「すみませーん、ありがとうございますぅ。Thank you very much!!」
後ろからバスのクラクション!
振り返ると先ほどの運転手さんが反対側を一生懸命指差してくれています!!
「OK!Thank YOU!!」
みんなやさしぃ。。(´_`。)グスン
パリでこんなにしてもらったこと、あったっけ???

バスを乗り換えたら今度は夕方のラッシュの渋滞に巻き込まれて、M&Sにたどり着くまで1時間近くもかかってしまいました。
急がば回れ、横着しないで地下鉄で行けばよかったかなぁ。
でも、助けてもらえて嬉しかったからね。

目的のブツを購入し、少しお店を覗いて歩いて、今度は安全に地下鉄で帰りました。
ふー、地下鉄だとやっぱり間違えないわ、と油断した途端、あと一駅の乗換えで逆に乗っちゃった。
今日はついてないなぁ。

レジデンスに戻るとYotta-sanが夕食を用意してくれていましたー。
お世話になります。m(__)m
そして夜は22時7分前に兵隊さんが戸締りの儀式をするという、ロンドン塔を見に行きました。
もちろん、そんな時間にそんなイベントがあるなんてかなりロンドン塔マニアな情報らしく、私たち以外には誰もいませんでした。
暗闇の中で遠くから眺めて撮ったので、残念ながら写真は真っ黒。
この儀式の後に案内をしてもらうためには、8週間前から予約を取るらしいです。(Yotta-san最新情報)
これはかなりマニアックなアポイントですね。

いやいや、長く充実した2日目でした。
[PR]
by akiko03t | 2006-09-18 04:28 | London journey