33歳路線変更~パリ行き 2006年7月ダンナさんの修行のためパリに引越し。私はずっと興味のあったパティスリーの勉強を始めました。


by akiko03t

「あっこさん、ビストロとかいかがですか?」

♪こなーーーーゆきーーー、ねぇ、・・・・・・・でぇきたぁのかぁい!♪
一年遅れでレミオロメンを熱唱中@Paris、音痴なくせにカラオケ好きです。
ちなみにうちの夫婦、二人とも音痴です。

さて、昨日は夕飯の買い物に出かけたときにお呼び出しがかかり、ダンナ飯を作ってから、主婦ディナーに出かけました。
St-German des Pres---Odeon界隈です。
この辺りは小さな路地にたくさんレストランがあって、毎夜賑わっています。
出不精な私たち夫婦も、たまにはそんな”Paris”を味わわなくてはいかんよね、せっかくパリにいるんだしね。

でもって、PlatはBoeuf Bourguignon(ブフ・ブルギニョン、牛肉を赤ワインとたまねぎで煮込んだ料理)がおいしいんですよ、という今日お誘いいただいたパティシエールのオススメにして、entreはシェーブルのタルト。
a0077419_17325893.jpg

タルトなんていうから、キッシュのようなものがドドーンと出てくるかと思ってましたが、パットフユテ(パイ生地)のようなものがチーズとトマトの下に敷いてあって、とてもお上品な盛り合わせ。
うーん、おーいしぃ。
お腹減っていたので、もりもり食べちゃいました。

パリのビストロは隣のテーブルとの距離が殆どありません。
みんなくっついて一緒のグループみたいに食べています。
昨日もこの写真を撮ったら、隣のムッシュがじーっと見ているのに気づき、思わず目が・・・・。
ムッシュ「英語しゃべれるの?」
Akiko「ええ」
m:いや、そのデジカメが随分小さいなと思ってさ。
Akiko:C'est MADE IN JAPAN(*^_^*)
ムッシュの連れ女子:フランスにだってあるじゃない。
Akiko:そうですよね。
m:携帯についてるカメラなら知ってるけど、そんなに小さいのあるっけ?
連れ女子:あるわよ。
連れ&Akiko:ねぇー。

ま、こんな風に実は一緒に食事してたんだっけか??というくらい簡単に隣の会話に入ってきたり、会話を始めたりするのがフランス人らしいです。
ニッポンのみなさん、フランスで食事するときは隣の人が急に話しかけてきたり、ニコニコして見つめてきたりしても変質者じゃないですから、びっくりしないように。

そして、おっと、こんな銅鍋で出てきましたよ。
a0077419_1740944.jpg

お待ちかね、ブルギニョン!!
実はこの料理、フランス語を習い始めた超初級時代、教科書に出てきた料理でずぅーーーと(そう何年も)食べてみたかったんですね、2007年願い叶う!
a0077419_17414185.jpg

感動のあまり、手が震えたか!?すみません、肝心のお肉付近手振れしてますネ。
スープはさらさらで、思ったよりもあっさりしていました。
お肉は柔らかく煮込んであって、うーん、赤ワイン染みています。
温まる料理ですね。
ここはパンもおいしくて、このスープをすくって食べるのにバッチシ!

最近太ももがパツンパツンになってきたので、この私が!!デザートパス!!!
お料理がおいしかったから、お腹満足してたしねぇ。
エスプレッソを飲んできれいにフィニッシュ!!
最近腹180%詰め込んで食べる食事が多かったから、こうして腹八分目(いや、100%はいってたか。。)で理性が働くのもいいもんですなぁ。
(というか、ノエルのときに撮った写真で、ほっぺたにたこ焼きが出来ていることに気づいたのだ。更に母とスカイプしたときに、一撃くらったもんでね。(@_@;))

店員さんお忙しそうだったのでショップカードもらえず、外から一枚。
よかったら、電話番号だけですが参考にしてくださいませ。
a0077419_17474867.jpg

CHEZ FERNAND
01-43-54-61-47
[PR]
by akiko03t | 2007-01-07 17:53 | Paris Journal