33歳路線変更~パリ行き 2006年7月ダンナさんの修行のためパリに引越し。私はずっと興味のあったパティスリーの勉強を始めました。


by akiko03t

初日!

昨日は遠足の前のようで殆ど眠ることができず(いくつになっても、、、ね)、重たいまぶた、まだ外が暗いうちに5キロの道具を担いで家を出ました。

まだ着方もよく分からない制服。
何が必要で、どこに行ったらいいのかさえ不安。
早めに行ったつもりが、ロッカールームでもたもたしていたらデモンストレーション教室の最前列は既に空席なし。
ふーむ、もーっと早く来なくちゃだめか。

最初教務から少し連絡事項があり、油断していたらいきなりデモ開始!
あっという間にシェフ、ボールに粉だのバニラだの入れましたよねー。
おおおおお、慌ててノートを取り始めます。
今日はサブレ(クッキー)。
そういえば、この間サブレ作ったよね。
当たり前ですが、シェフは手際よくいくつかのレシピをじゃんじゃん進めていきます。
お料理番組のように計量済みの材料が用意されていて、そりゃーちゃっちゃと行っちゃいますよ。

お楽しみはもちろん試食タイム!
そりゃ、おいしいわよね。サクサク。
バターの香りたっぷり。幸せ☆彡
Akiko:すみません、シェフ、質問があります。
家でサブレを作ったら表面が硬くなってしまったんですが、それは何が原因でしょうか?
Chef:オーブンの温度が高すぎたんでしょう?
Akiko:あー、オーブン?!
Chef:サブレはゆっくりと低めの温度で焼かないと。
Akiko:ああぁ、熱すぎたんだ。ありがとうございます!!
私の生地の作り方がいけなかったんだと(混ぜすぎ、こねすぎ)思ってたー。
よし、これをキーに家で再チャレンジだね。

作り方、手順は知っている。
でも、私のどこが(どの部分が)素人なんだろうか???
そっか、その生地の扱い方、手の動かし方、確認の仕方、、、、、。
と、頭では分かっていても、、、。

お昼休みを挟んで、すぐに午後実習がありました。
おもしろいですね、違う国籍の人とキッチンに立つというのは。
どーして、そうやっちゃうのかねぇ???!!!
というびっくり珍事満載ですよ。
東京にはないこんな楽しみもあるのかと思いました。

今日は午前中に4種類のレシピのデモがありましたが、実習はその中の一つです。
初日なので勝手がわからないし、あんな豪華な道具セット、何を使ったらいいのかどこに入れたか、もー、まどろっこしぃ。
そしてやっぱり、見ているのとやってみるのは大違いー。
キョロキョロしていたり、困った顔になったりしていると、すかさずシェフが「どうしたの?」と声をかけてくれます。
しかも片言の日本語を話してくれるシェフでした。
日本人の生徒がたくさん来ているんですもんね。
頭で分かっているけど、手が動かない。A´ε`;)゚・゚
歯がゆいもんです。

そんな中、途中経過の写真を撮ることも忘れてできた、今日の実習作品。
DIAMANTS
a0077419_7195613.jpg

サクサク、バターの香り香ばしく、オレンジの皮の摩り下ろしとバニラが上品な風味を与えてくれます。
初めての作品、なんだか愛おしく思えてしまう。
なんでダイアモンドと言うのか?
周りについているお砂糖がキラキラしているからだそうです。

楽しかった。(*′∀`)ニヒ♪
[PR]
by akiko03t | 2007-01-10 07:37 | Paris 修行LCB