33歳路線変更~パリ行き 2006年7月ダンナさんの修行のためパリに引越し。私はずっと興味のあったパティスリーの勉強を始めました。


by akiko03t

PAIN DE SUCRE

ふじこさんから教えてもらっていた、3区にあるパティスリー。
先週の月曜日にやっと足を運ぶことができまして、ブログにアップする前に既に2回目、土曜日も行っちゃいました。
a0077419_825493.jpg

PAIN DE SUCRE
14, rue RAMBUTEAU 75003
01 45 74 68 92

a0077419_8271046.jpg

ガニエール(日本は青山にあります)のパティシエだった方が開いたお店だそうです。
ケーキのデザインはモダンで、ちょっとエルメ風?かなと思いましたが味は全然違います。

私は始めてのパティスリーでは、ミルフィーユを買うことにしています。
もちろんミルフィーユが好きだということもありますが、その生地とクリームでそのお店が私好みかどうかすぐに分かるからです。
なもんで今回もミルフィーユを、と思いましたが、なんと現在ガレット・デ・ロワの季節のためお休みだそうです。(_ _|||)
それならガレット買っちゃおうかな、でも11ユーロ。好みじゃなかったら悲しい。。
それなら、クロワッサンで生地の状態を見てみよう。っていうか、おいしそう♪
ということで、クロワッサンとこの2品。
a0077419_8333362.jpg

私は左側のローズマリーの効いたタルト、ダンナさんは右側のチョコレートのケーキ。各4.5ユーロ。

お腹が減っていたので、クロワッサンはお店を出てすぐに歩きながら食べてしまいました。
うーまーい!( ̄ー ̄)ニヤリッ
ダンナさんに買った分を、途中で食べてしまおうかと思ったくらいです。
そして、家に着くなり「このクロワッサン、うんまいよ!」と渡したら、彼も「おおお、うまいねぇ。(^o^)」とペロッといってしまったもんだから、写真ありません、ごめんなさい。
私たち夫婦のクロワッサンランキング、現在エルメに続く2位です。
これで1ユーロ、お手ごろとも言える!!

ケーキのほうですが、実はオドロキでした。
とてもあっさりしていて、日本のケーキみたいなんです。
タルト生地はサクサクで、バターの味が軽めに感じられました。
クリームもあっさりめ。
ローズマリーが思ったよりも効いていて、ちょっと苦手でしたが。
チョコレートのケーキも一口食べましたが、こちらのお菓子の特徴である”どすん!”というインパクトがなく、おしとやかな感じ。

そして、パイ生地がうまい、と確信した土曜日は、ガレットデロワの1人前。
a0077419_8423967.jpg

なぜこんなに輝いているのだ??!!
そして香ばしい、サクサク&はらはらとはがれる生地。
アーモンドもいい色、いい香りがします。
ん??なにかまたハーブ??ローズマリーちゃん??!!
気のせいでしょうか、次はハーブ抜きのものを選びたいと思います。

とにかく、クロワッサンはお試し下さい!!
[PR]
by akiko03t | 2007-01-15 08:45 | Paris sweets report