33歳路線変更~パリ行き 2006年7月ダンナさんの修行のためパリに引越し。私はずっと興味のあったパティスリーの勉強を始めました。


by akiko03t

アルザス料理で〆

アテンド最終日は、お二人午前中フリータイムでお買い物。
でも、仕事が長引いてしまってゆっくりショッピングを楽しむ時間がなかったんだとか。
私はランチタイムから同行して、オオトリ観光スポットシャンゼリゼをご案内。
シャンゼリゼを歩きながらカフェで軽くランチにしようかと思ったのですが、そういえば!!

Akiko:シュークルートって知ってます?ドイツに近いアルザス地方の料理なの。酸味のあるキャベツにフランクフルトなんかがのってるんだけど。
Y&M:なんだろう??でも、ピクルスみたいな酢漬けは大好きー。
ということで、シャンゼリゼを登って間もなく左側にある、アルザス料理店へ。
前菜とメインを選ぶコースにしました。
私は今年初めての牡蠣をチョイス。
a0077419_7123598.jpg

日本はノロウィルスで、牡蠣が怖い存在だそうですね。。。二人はサラダを注文しました。
そしてもちろん、メインはシュークルート!
a0077419_7142597.jpg

じゃーん、むちゃくちゃ典型的盛り合わせー!コテコテの地方料理でございまーす。

最後は代表的なフランス地方料理で送り出すことができて、我ながらなかなかのシメだったのではないかと思います。
この後シャンゼリゼを少し登って、凱旋門ベストショットポイントから定番お写真撮影。

盛りだくさんだった出張スケジュールも、もうお終い。
空港までお見送りして、Akikoガイド終了です。
見送った後の帰りの一人ロワッシーバスは寂しいなぁ。
私だけまたこのグレーな空の下、パリに滞在なのね。。。
初めてのガイドで、いろいろと至らないところもあったと思いますが、「今回の出張、楽しかった~」と言ってもらえたときは涙が出そうになりました。(T_T)/~~~
いつも言っているように、住むのには苦労の耐えない日々ですが、旅行には本当にもってこいの街です。
たくさん歩いてお気に入りのお店や、カフェを見つけ、おいしい料理を食べる!(私の場合はスイーツ主ですが)
美術館も、街並みも見るところはたーくさんあります。
皆さんもぜひ、パリ旅行をご計画下さいネ。
[PR]
by akiko03t | 2007-02-07 07:23 | Paris Journal