33歳路線変更~パリ行き 2006年7月ダンナさんの修行のためパリに引越し。私はずっと興味のあったパティスリーの勉強を始めました。


by akiko03t

CROISSANT et Pains au Chocolat

実習その13
クロワッサンと
a0077419_19245829.jpg

パンオショコラ
a0077419_1926625.jpg


これらのいわゆる菓子パンと日本で呼ばれるものは、ヴィエノワズリーと言ってパン屋さんでもパティシエが作る種類(もちろん、小さなお店では分かれていませんが)、そしてパティスリーでも見かけるものです。
バターがたっぷりでお菓子に近いので、やはりパティスリーで買ったほうがおいしい気がします。

とは言ってもパンなので、イーストを入れて発酵時間が必要です。
ですので、今回と次回のブリオッシュの実習のときは、前の実習時間に生地を作っておき、焼き上げる日にシェフが冷凍から生地を目覚めさせておいてくれます。

私、クロワッサン大好きです!
なので、クロワッサンの方が愛情が入っていたようで、まぁまぁの見た目になりましたが、パンオショコラはちょっとブサイクでしたね。
パリでは売れる範囲ですけど、この見た目は東京ではアウトだなぁ。
クロワッサンに大切なのはもちろん、生地の層でございます。
a0077419_19365634.jpg

私はもっと、もーーーっとたくさんの層があるのが好きですが、「初めてにしてはなかなかうまくできたんじゃないかな」とシェフがポソっとつぶやいたのを聞き逃しませんでした!
「そうですか?!いいですか??!!!」
嬉しかったですねぇ、伸ばして、重ねて、頑張った甲斐がありました。

欲張りな私はシェフに質問しました。
Akiko:もっと生地の折り返し作業を重ねれば、層はたくさんできるんでしょうか?
シェフ:もちろん、そういうテクニックもあります。お店によって、シェフによってそれぞれ違ったレシピを持っているからね。何度か折り返した後で、更にバターを加えるところもあるんだよ。
(;´艸`)oO( なるほど、シメシメ )
うんまいクロワッサンを開発しなくては!
[PR]
by akiko03t | 2007-02-16 19:46 | Paris 修行LCB