33歳路線変更~パリ行き 2006年7月ダンナさんの修行のためパリに引越し。私はずっと興味のあったパティスリーの勉強を始めました。


by akiko03t

筆記試験終了

年甲斐もなく、とーっても緊張していた筆記試験もやっと今朝終了しました。
昨日の晩から今朝家を出るまで、ダンナさんにレシピクイズを出してもらっていたくらい往生際が悪く、一夜漬けも漬からない34歳学生(^^ゞ。。
いやいや、今週は週明けから散々だったんですよぉ、バースデーウィークだっつーのに。

月曜日は朝一で↓のビュッシュの実習と、続けて試験の課題対象になっているケーキのデモ。
つまりー、欠席なんて有り得ない状況なわけですよ。
先月不覚にも一回実習を休んでいるので、それ以来繁華街には行かない、牡蠣は食べない、と体調には気をつけていましたが。。。。。
先週待ち合わせの駅を間違えて、私たち夫婦を寒空に待ちぼうけさせたフランス人のせいでーーー、どうも喉が痛かったんですよね。
もちろん、早めのパブロンしてたんですけど。
よりによって、その月曜日にやってきたんですよ、38,5度の熱が!!!!
ピンチ・ピンチ・ピーンチ!!とはまさにこのこと!!
33歳・ゾロメ最後の日に高熱とのバトルが待っていました!

”早く効いて胃にやさしい♪”、そのフレーズが午前5時の私の頭に過ぎったのです。
せめて37度代に下がれば、気合で乗り越えられる!バファリンだけが頼り。
この判断は間違っていませんでした。
家を出る頃には7度代まで下がっていて、頭ボーっとしながら、顔もむくんで登校。
実習が始まれば、熱のことなど思い出さずに没頭。
途中意識が遠のきそうになったような、、、??
まま、愉快なクラスメートと過ごしていれば、何とかなるもんです!
そのままデモもきちんと見て、無事帰宅。

やっぱり家に着いたら、再び病モード。
「まだ終わっちゃいないんだよ~、奥さん。フッ( -ω-)y─━ =3」と病魔が再来!
38,5度までリターン。
あぁ、こうして誕生日を迎えるのねぇ、初めてのパリでのバースデーってこんなもんかい。。
ここはじーっと耐えるのだぁ、明後日は筆記試験。。。
そして、一つ年を取った頃には熱も下がっていたのでした。
試験前の知恵熱か?!!とも思いましたが、喉痛かったしねぇ、カゼよね??!!
[PR]
by akiko03t | 2007-03-08 08:12 | Paris 修行LCB