33歳路線変更~パリ行き 2006年7月ダンナさんの修行のためパリに引越し。私はずっと興味のあったパティスリーの勉強を始めました。


by akiko03t

Musee Gustave Moreau

知恵熱が出たり、筆記試験だったりしたもので、更新が遅くなりましたが、今月の第一日曜日はギュスターヴ・モロー美術館に行ってきました。
(毎月第一日曜日は国立の美術館の入館料が無料となります)
a0077419_8122989.jpg


ギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau, 1826年4月6日 - 1898年4月18日)は19世紀に活動した、フランスの象徴主義の画家である。パリに生まれパリで亡くなった。聖書や神話に題材をとった幻想的な作風で知られる。
印象派の画家たちとほぼ同時代に活動したモローは、聖書やギリシャ神話をおもな題材とし、想像と幻想の世界をもっぱら描いた画家であった。彼の作品は19世紀末のいわゆる「世紀末」の画家や文学者に多大な影響を与え、象徴主義の先駆者とされている。(ウィキペディアより)

この美術館は彼が生前に住んでいたアパートとアトリエだそうです。
ですので、1階は住まいがそのままに、そして2階、3階に彼の作品がたくさん所蔵されています。
a0077419_8115968.jpg

a0077419_8325114.jpg
住まいだったお部屋にも壁一面にいろいろな絵が飾ってあります。
a0077419_8131958.jpg

日本画もありましたよ。

ガイド付きのツアーも行われていたようです。それとも旅行会社だったのかな。
a0077419_8173256.jpg

「一角獣」
a0077419_8185697.jpg

私は今回この作品が一番印象的でした。
a0077419_8191460.jpg


豪快なタッチに少し見覚えがあるような気がしていたら「ロマン派の旗手ウジェーヌ・ドラクロワのアトリエにも出入りし、影響を受けている。(同じくウィキペディア)」だそうです。
壁一面に所狭しと絵が飾ってあって、圧巻です。

私は以前の住まいがそのまま展示室になっている美術館が大好きです。
NYのフリック・コレクション(また行きたいなぁ、温室がステキ)、パリのジャックマール・アンドレ(今回まだ行ってないなぁ)。
他にもオススメがあったら教えてください。
[PR]
by akiko03t | 2007-03-11 08:24 | Paris Journal