33歳路線変更~パリ行き 2006年7月ダンナさんの修行のためパリに引越し。私はずっと興味のあったパティスリーの勉強を始めました。


by akiko03t

人生捨てたものじゃない日 34歳嬉し泣き(T_T)

まずは前日↓からお読み下さい。

重い気持ちで出勤。
でも、同僚の明るい顔を見ると元気になります。
やっぱり、今日休まないでよかった。。

上長に確認すると、やはりどうしても金曜日は2人必要なのであと1回だけ我慢するようにとのこと。
うぅうううううううううう、 (*-μ-`*).゚。.   憂鬱200%。
ランチタイム、食事を取っている時も思わずため息が漏れる私。
同僚1:なに?どうしたの??またシェフに意地悪でもされた?
Akiko:違うよー、アマゾンだよ。昨日またやられたんだ。
同僚1:なんだよ、今度俺が足にフォークでもブッ刺してやろうか。
Akiko:ホントー、やって欲しいよ、ほんとに。もー、金曜日にまた一緒の仕事があるんだよー(+_+)。。
同僚1:じゃぁ、俺が代わってやるよ。
Akiko:え?!ウソ?!マジ!!本当に???!!本気でいいの??
同僚1:いいよ、全然問題ないよ。
Akiko:もーーーありがとう。それじゃぁ、上長に確認してみるよ。あー。これで明日の休日ゆっくり休めるかもしれない。
同僚2:Akikoさん、もし彼(=同僚1)との交換がダメでも、明日はゆっくり休めるよ。
Akiko:どうして?
同僚2:Akikoさん、あまりにストレスしているから、さっき私が代わりにやりますって、オフィスに言ってきたから。
Akiko:ええー、そうなのぉーーー!!(゚ロ゚屮)屮 うそぉ~。ありがと、ありがとー。
と私思わず彼女(同僚2)に抱きつくと同時に涙ー。
Akiko:もーー、私はいい若者に囲まれてほんどうにぃ、ぬわぁぁぁ、うぅううう、泣けてくるぅー。ありがとう、ありがとう。・゜・(PД`q。)・゜・

というわけで、34歳のいい大人が、23歳・イケメン男子と26歳・男気溢れる女子に助け舟をだしてもらってしまいました。
上長から許可も下りて、私は同僚の友情によって金曜日の呪縛から開放されたのでした。

Akiko:みんな優しいんだよ、アマゾンと一緒の仕事代わってくれるって言ってくれてさ。私いくら払ったらいいんだか分からないよぉー。(=この頃には余裕が出て冗談も出るようになりました)
同僚3:なーに言ってるんだよ。俺たち一緒に働いている仲間なんだから当然だよ。俺にだって相談してよね、力になるからさ。
Akiko:ありがとう。。。

単純なことだけど、自分がピンチに立っていた時それを友達に救ってもらえるなんて、私はなんて幸せなんだろうな、恵まれているんだぁと思います。
どういうわけか、私の人生には試練が多い気がするんですよね、いつも。
敵を倒しても倒しても、また更に強い敵が現れる。ドラクエみたいです。
常に全力投球で、エンストしそう。
でもこうしてたまにご褒美をもらえると、またまた一生懸命走り出してしまう私。
そういう星の元に生まれた私の運命(さだめ)でございます。

もう、今日生きててよかったー。
フランスに来て、人の優しさに涙したのはひょっとして初めてじゃないかい?!
あー、みんな、I love YOU!!
[PR]
by akiko03t | 2007-05-17 07:39 | Paris Journal