33歳路線変更~パリ行き 2006年7月ダンナさんの修行のためパリに引越し。私はずっと興味のあったパティスリーの勉強を始めました。


by akiko03t

Day5・8月16日 木曜日

今朝は雨がたくさんふっていました。とうとうお天気くずれたかな、様子を見ながらおやつを焼いていると10時過ぎに雨は止んで曇り空。
近くを散歩してから、お昼をいつもの通りベランダで。
ここで山を眺めながら食事するのが一番です。

午後は鍾乳洞に出かけました。
Grottes de Chorance(コーランス鍾乳洞)、www.chorance.com
40人ほどのグループになって、ガイドさんが案内してくれるツアーでした、約1時間。
鍾乳洞の中はきれいに整備されていて、ディズニーランドのカリブの海賊を思い出させます。ただ、とても涼しくて通年10度くらいだそうです。七部のパンツだったので、足元がスースー寒かったです。
a0077419_8422655.jpg

ツララのようにいくつも天井から細長く伸びているのは、カルキを含んだ水が垂れてできたもので、100年で5センチ伸びるそうです。棒の中はストローのように空洞になっていてそこを水が通って垂れてくるんだとか。
とても幻想的です。
途中、プラネタリウムのように大きく広がった洞窟で、音楽と照明にいよる鍾乳洞スペクタクルもありました。これにはちょっとゲンナリ、、、そこまでエンターテイメントにしなくても。。
その昔、恐竜の時代から生き残っていると言うウーパールーパーみたいな生物も見せてくれました。水槽に入っていて、なんとも奇妙な。。。こちらは撮影厳禁。
洞窟を出てから、近くの滝を見に少し散策。
a0077419_8431744.jpg

山の水はきれいですね。

さて、夕飯にはまだ早いし、お茶したいところだけど、おいしいケーキが食べられるカフェも期待できそうになく、少しドライブ。
a0077419_8454295.jpg

このように、ひろーく広がる草原に牛さんがのんびりとしている風景が続くんです、のどかですねー。

暫く走って、もう一つ気になっていた鍾乳洞に到着。ラッキーなことに最終の受付に間に合ったので、本日2件目、鍾乳洞ツアー。
La Draye Blanche www.drayeblanche.com
ここには動物村のようなものが併設されているので、どちらかというと私たち夫婦は動物見たさに訪れたのですが、最終ツアー開始までに10分しか時間がなかったので思いっきり駆け足で動物たちを見学(=ほぼチラ見)。
ヤギの赤ちゃんがかわいかったー。
a0077419_8435931.jpg


さて鍾乳洞ツアーは、最終時間だからか私たち夫婦ともう一家族(5人)だけでした。その前の回はここでも50人近くいたんですって。
ここは最初に訪れたところよりもシンプルで、飾り気のない洞窟でした。でもこちらのほうが、静かで、水の垂れる音が聞こえ、鍾乳洞のありのままをに近い形で見学できました。
表面がキラキラしているのが見えますか?クリスタル化してるのだそうです。
a0077419_844248.jpg

一度ガイドさんが、全部の照明を消したんですね、もう本当にまーーーくら!!
何も見えません。「最初にこの洞窟を発見した人が、恐らくたった一本のろうそくだけを持ってここに入り込んだとイメージしてみてください」とガイドさん。
こんなへんてこりんな形をしたものが暗闇に映し出されて、きっと怖かったんじゃないでしょうかって。
そりゃそうですね、間違いない!!一人置き去りにされたら、こわくてたまりませんー。
しかし幻想的で、不思議な空間です。
こちらはプライベートな所だそうで、ガイドさんが所有している鍾乳洞だそうです。つまり、彼はこの洞窟の中でバーベキューをしたり、クリスマスパーティーを開けたりするんですよね。なんだかこれまた不思議な感じ、羨ましいか?そうでもないか???

明日は再び乗馬チャレンジです!
[PR]
by akiko03t | 2007-08-25 08:45 | 旅行