33歳路線変更~パリ行き 2006年7月ダンナさんの修行のためパリに引越し。私はずっと興味のあったパティスリーの勉強を始めました。


by akiko03t

市場見学

今週も毎日デモを見てすぐ実習の日々が続いています。
急性糖尿病間違いなし。
今週はプチフールやレストランデザート(皿盛り)をやっていますが、あまりにもひどいセンスのデコレーションだったため、恥ずかしいので投稿辞退します。
やっぱりアートのセンスに乏しい私なのでした。。。

さて、今日は課外授業。
朝6:15集合で、市場に見学に行ってきました。
魚のセリは0時から始まるそうで、3時に行かないと見られないんだそうです。
私たちはお肉部門、チーズ、野菜、花を見てきました。
今日のパリは冷え込んでいて、もちろん市場も巨大な冷蔵庫。朝も早いし、とーっても寒かったです。
腰にカイロを張って、遠赤外線のレッグウォーマーをしても寒くて仕方なかったー。

いろいろと前評判(?)は聞いていたのですが、その通りかなりグロイ肉売り場。
一般日本人にはショッキングな画像ですので、Moreに載せます。
ご興味ある方は、そちらをご覧下さい。

a0077419_571553.jpg

Mont d'orは今季節ですね。
a0077419_572986.jpg

お野菜の箱、親しみあります。コルドンのアシスタントをしていた時は、毎朝届く野菜の箱を担いで冷蔵庫前まで運びました。
a0077419_574562.jpg

小さな人参さん。これを形よく整える鉛筆削りみたいな地道な作業、よくやったなぁ。
a0077419_575784.jpg

大好き、トランペットきのこ。
a0077419_593847.jpg

ここのきれいなフルーツは、有名高級パティスリーで使われるそうです。
a0077419_595218.jpg

お花、癒されますねぇ。
a0077419_510591.jpg
a0077419_5103164.jpg





a0077419_5123115.jpg
a0077419_5124236.jpg
a0077419_5125457.jpg
a0077419_513745.jpg
a0077419_5131978.jpg


実は、ここ最近お肉をあまり食べない(食べられない?!)ようになった私です。
やはりスーパーにはきれいにカットされたお肉が整然と並べられている国で育った私には、フランスのお肉は衝撃以外の何者でもありませんでした。
今までお肉=生き物だった、という感覚に乏しかったと思います。
でも忘れちゃいけないんですよね、命のあった動物を食べているということ。
今フランスはジビエ(野鳥、ウサギなど)のシーズンで、ウサギさんも走り回っていたであろう姿のまま箱に入って積み上げられていました。
直視することはできなかったし、写真は絶対無理。
上の牛さんたちの写真も撮らないでいようかと思ったけれど、現実を受け止めなくては!と思い(まさに小学生の社会化見学)撮ってアップしました。
私たち人間のためにどうもありがとう、なんて偽善者じみていますが実際心の中でつぶやいていた私。
便利になって、お店に行けばお肉が買える、レストランで注文すればお肉が食べられるから、自分の目の前にお肉が辿り着くまでの過程を考えることもなかった。
考えすぎかもしれないけれど、食べ物に感謝するって大切なことだなと改めて思うのでした。
そしてやっぱり考えすぎの私は、お肉を食べる回数が減ったというわけです。
[PR]
by akiko03t | 2007-11-30 05:11 | Paris 修行LCB