33歳路線変更~パリ行き 2006年7月ダンナさんの修行のためパリに引越し。私はずっと興味のあったパティスリーの勉強を始めました。


by akiko03t

お湯難民

一難さってまた一難とは、この国の生活。
先週は少し春めいてきたかなと思ったのに、また月曜日から寒さが戻ってきたパリ。
そしてうちには、お湯がない。(ー_ー)

土曜日の夜、急にブレーカーが落ちたんですよねー。
で、いろいろと検証してみたところ、お風呂のお湯タンクの電源を入れるとブレーカーが落ちる。
a0077419_7382426.jpg

仕方がないので、その晩は急いでシャワーを浴び、
日曜日もまだお湯が残ってるだろうかと、ひやひやしながらカラスの行水。
待ちに待った月曜日に電力会社に電話すると、電気の問題ではないといわれ、今度は不動産屋に電話すると、なんと臨時休業。
仕方がないので、町の修理屋さんを呼ぶと、
YoYo系(ジーンズを低ーく、お尻が半分出るくらいにはいているような出で立ち)のお兄ちゃんがやってきて、このタンクの故障だって。
もう古いので部品を取り替えるよりも、全部取り替えてしまったほうが安いとか。
総額約1000ユーロ(16万円)。
もちろん、私たちでなく大家さんに払ってもらうので、仕方ない翌日不動産屋と連絡を取ることに。
火曜日、不動産屋と連絡は取れたけれど、不動産屋の系列の修理業者を検証にこさせたいと言われる。しかもその日は予定がいっぱいで、翌日。
はーい、そして今日はその翌日水曜日。
やっぱり全取替え。 だから言ってんじゃん。
修理業者が見積もりを出して不動産屋に送り、さらに不動産屋が大家に連絡をして許可をもらわなくてはいけない。
大家さんの返事が来てから、タンクの発注、そして修理にやってくる。
つまり、直るのは早くて金曜日、でないと週末をはさんで火曜日以降。
そうです、この週末は三連休(月曜日がイースターのため)。(-_-;)(-_-;)(-_-;)
出ましたー、これぞフランス式プロセスー。
今って21世紀ですよね??
フランスって先進国ですよね???
パリって首都ですよね????

明日まではどうにかシャワーのあてがあるのですが、金曜日に直らないとなると、私たち夫婦は異臭夫婦になってしまいます。。。
パリの友達へ、
シャワー貸してください。
[PR]
by akiko03t | 2008-03-20 07:49 | Paris Journal