33歳路線変更~パリ行き 2006年7月ダンナさんの修行のためパリに引越し。私はずっと興味のあったパティスリーの勉強を始めました。


by akiko03t

主婦は修行中なのです

3週間前の月曜日。
友達と3人で“まつだ”に日本食ランチに行った時には、「いやぁ、地獄見て体調壊してやっちまったね、こりゃ」って話で、
Akiko:帰国まであと2ヶ月、チョコレートを作って、日本にモニター出荷して、あとはパリを歩いたりして、ゆっくり過ごそうかな~。
友達:そうだよー、ゆっくりしなよ。駆け抜けてきたじゃん。
そう、珍しく私に安息の時間が訪れそうな予感。

なわけねーじゃん、て思ってましたか? 笑

火曜日
実はね、相当体を酷使していたようで、首とおでこ、頭皮にアトピーが発生して手持ちの保湿クリームでは手に負えないくらいになっていたんです。
これ以上ブサイクになっちゃ、帰国できん!と思って翌日皮膚科へ。
お医者さん:大丈夫ですよ。ご自身でお解かりのようにストレス性のものですから、誰かに移ることも跡が残ることもありません。
そして、処方してもらったクリームでみるみる赤みが消えていきました。
これは心配いらないようだぞ。

水曜日
友達が一週間、お手伝いをしていたパティスリーがありました。
「シェフも、マダムもとってもやさしいし、なにより、たくさん仕事をやらせてくれるよ。全部教えてもらえる。あっこちゃん、行ってみたら!」
でも、不安だったんですよね。もうフランス人に傷つけられるのはいやだよぉーって。また具合悪くなるのヤダーって。
もう一人の友達:でもさ、また新しいところにいって、掃除ばっかりやらされてもしょうがないじゃん。分かてるところのほうがいいよ。
この二人に背中を押してもらい、そのパティスリーに行ってみました。

Akiko:こんにちは。あのー、彼女の友達なんですけれど、スタージュを探していまして。スタージュ、取っていませんか?
マダム:シェフ、スタージュとる?(地下の作業場に向かって叫ぶ)
シェフ:(裏の階段を駆け上がってきた様子。どうやら首を振っているらしい。)
やっぱり、だめかぁ。。。(>_<)
マダム:彼女の友達なんですって。
シェフ:(姿を現す)あー、話は聞いてるよ。OK.いつから?
Akiko:明日でもいいですか?
シェフ:それじゃ、明日ね。

という風に、まるで空振りだったスタージュ探しがたったの30秒で決まってしまったわけです。
やっぱりこの国は、知り合いの伝手というのが最有力なんですね。
私にチャンスと勇気を与えてくれた、さいこさん、はなちゃんに感謝です。

その夜、月曜日にランチしたゆいちゃんに電話で報告すると、
「えー、おとといはゆっくりするって言ってたのに??!!もう見つかったの??」
でも、東京のまきちんにメールすると、
「もうさすがに驚かなくなりました( ̄∀ ̄)」という返事。
そんな、つれないわぁ。笑

なんだかんだとありますが、こんな感じで残り1ヵ月半を疾走中@Paris=相変わらず。
今日はこれから、みほちゃんとラデュレ♪
[PR]
by akiko03t | 2008-03-31 18:21 | Paris 修行stage