33歳路線変更~パリ行き 2006年7月ダンナさんの修行のためパリに引越し。私はずっと興味のあったパティスリーの勉強を始めました。


by akiko03t

修行を終えて

4月29日、パリでの修行最終日。
いつものようにクロワッサン生地、ブリオッシュ生地、クリームパティシエの牛乳3リットル分を始め、目一杯の生地やクリームの仕込み。
どこに何が置いてあるか、何の道具を使うのか、そしてもちろん作り方。
私がやらせてもらっていたことは、もう不自由なく作れる。
ただ、もう何度もも作っているクリームでも、作る度に気がつくことがある。
やっぱりどんどん、毎日作っていくことが必要なんだなぁ。
全くのタダ働き。
交通費も自己負担です。
私の勤めていたお店は、私がお店でケーキを買う時もきっちりと全額お金も払っていました。
それでも毎朝バスに揺られて、シェフとマダムに挨拶をして、服を着替えて、洗い場の洗物から片付けます。
そしてクロワッサン生地の仕込みに取り掛かる。
楽しかったー。(*^_^*)
今までの会社勤めの時とはまるで違う脳みそと身体を使って、何だろう、「生きてる!」って感じがするというか。

最終日、「Akiko、ちょっと買い物に出てくるからやっといてね」と言って私に仕事を残したまま上がってしまったシェフ。
仕事が一段落したのでお店の裏にいるマダムのところへ。
「シェフ、買い物に行っちゃったよー、お茶飲んでもいい?」とマダムと一緒にお茶を飲んでいたら、シェフが戻ってきました。
シェフ:ありがとう、Akiko。
a0077419_21522816.gif

マダム:どう?気に入った??
二人が愛用しているという、シェフの師匠のレシピ本。
私がチョコレートにハマっているのでチョコレートと、マカロンの仕込が成長したからとマカロンバージョン。
嬉しいですね、私が興味のある本を選んでくれていたんです。
こんな私でも役に立っていたんだなぁ。
彼らともせっかく仲良くなってきていたのに、お別れ、残念です。
将来東京に家族で遊びに来てくれるといいな。

フランスに来てから彼らと働くことになって初めて、フランス人とだけ、フランス語だけの環境になりました。
今までは学校でも、ホテルでも、日本語か英語が使えたのです。
帰国直前になって“フランス語やんなきゃ~”、と切羽詰って、一番上達できた1ヵ月半。
フランス人とも一番接近した時期でした。
パティスリーのことだけでなく、パリでのフランス人の生活を教えてもらった、まさに“ウルルン滞在紀”。
子供が大の苦手な私に、初めて2歳半のお友達もできました。
二人の愛娘、キティちゃんが大好きなクレアティス、次に会えるときまで私のことを覚えていてくれているといいんだけど。
本当に最後にいい思い出ができました。

買い換えよう、買い換えようと思っていながら、結局最後までお世話になった、安全靴。
a0077419_21525462.gif

全くの素人からパティシエのたまごになるまで、私のフットワークでした。

この続きは東京に持ち越されました。
パティシエという肩書きを持って仕事ができますように☆彡
[PR]
by akiko03t | 2008-05-26 22:06 | Paris 修行stage