33歳路線変更~パリ行き 2006年7月ダンナさんの修行のためパリに引越し。私はずっと興味のあったパティスリーの勉強を始めました。


by akiko03t

カテゴリ:Paris sweets report( 50 )

コルドンの中級と上級を一緒に駆け抜けたみほちゃんが、一足早く帰国。
みほちゃん:「最後にラデュレのサントノレで食べ修めようかと思うんですが。」
私もお供します!

私はさすがに今日はサントノレ外しで。

Arabica 5,70€
Biscuit moelleux aux noix, crème onctueuse à l’infusion de café, crème mousseline café et nougatine café.(ラデュレHPより)
a0077419_6321597.jpg

アラビカというカフェ味のケーキ。
もちろん、ドリンクはカフェ。
しかしデブ度を上げるために(?!)カフェ・ヴィエノワ。山盛りのシャンティイクリームが別盛で付いてきます!ウィンナーコーヒーってやつですね。

奥に見えるのが、みほちゃんのまずは一品目、サントノレのピスタッシュ・フレーズ(ピスタチオといちご)。
さらにサントノレのローズ、と、みほちゃん両手にサントノレ。笑

私もやっぱりサントノレで修めるかなー。
でも、まだまだ食べたいものがたくさんあります。
ヴィエノワズリーも食べたいし、ラデュレのミルフィーユも大好きです。
チョコのケーキもおいしいしんだよね。
マカロンも食べとかなくちゃね、老舗だしさ。
先に言っておきましょう、帰国前のダイエットは無理です、お母さん。
[PR]
by akiko03t | 2008-04-02 06:39 | Paris sweets report

運命のチーズケーキ

seccoのチーズケーキ以来、なんだかチーズケーキが食べたい私でした。
14区にある、小さなパティスリー。
良心的な価格なのに、仕上がりはとても美しい。
a0077419_7504528.jpg

paques(イースター)のチョコレートもたくさん。
a0077419_7514158.jpg


そして気になる形のチーズケーキ。
a0077419_7522440.jpg

この写真の撮り方、そうです、買い食いしちゃいました。
しかもこれ、実は2回目。
すでにリピートしています。
シンプルでやさしい味。そしてユニークな形。
私はこのチーズケーキを帰国までにあと何回食べられるのだろう。。。と思うだけで切ない。
って、大袈裟かもしれないけれど、チーズケーキがメジャーでないパリでそれに出会うことも稀、そしておいしいなんて、その確率はかなり低いと思います。
さらにこのケーキが、私の運命のケーキとなったのです。
そのお話はまた今度。
a0077419_7583232.jpg


Aux Delices des Anges
71,Rue de la tombe issoire
75014 Paris
01 43 21 13 73
8h30-13h 15h30-19h
日曜の午後、月曜日お休み

[PR]
by akiko03t | 2008-03-18 07:59 | Paris sweets report
先日行ったLadureeのウィンドウ。
a0077419_821183.jpg

今はどこのパティスリーもイースターのチョコレートで埋め尽くされています。
私が気になったのは、右のウサギさんたち。
a0077419_822449.jpg

洋式トイレにウサギさんが座ってる???!!!

と思ったのは私だけですか?
[PR]
by akiko03t | 2008-03-10 08:03 | Paris sweets report

seccoのチーズケーキ

パリのパティスリーには普通チーズケーキは置いてありません。
アメリカンなケーキだからでしょうか。

7区のseccoにはチーズケーキがある!と聞いていたので、ぜひ食べたいと思っていました。
「今日はseccoのチーズケーキ!!」と意気込んでわざわざ出向いたときは売り切れ。。。
なおさら食べたくなって、先日リベンジ。
a0077419_18153994.jpg


おもしろいなーって思ったんですけれど、サクサクしたクッキー生地(ショートブレッドみたいな)で丸い器みたいになっていて、そこにチーズのクリームが入ってるんです。
citron vert(ライム)がとても効いていました。
このアイデアで私も何か作ってみたいなと思いました。
[PR]
by akiko03t | 2008-03-04 18:18 | Paris sweets report
私の七転び八起き日記が続いておりますが、本業(?)のスイーツネタもそろそろアップしなくては。
落ち込んでいる間も、食べてましたよ、もちろん。
食べててもあれだけ凹んでたんです。

18区にあるパティスリー。
自由が丘パリセヴェイユにある“ムッシュ・アルノー”という名のケーキ。そのアルノーさんというのはこのお店のお方。
ずっと気になっていましたが、私の家から遠いのでなかなか足を運べずにいました。
a0077419_7335418.jpg

どれもかわいらしいデコレーションです。
味は日本のケーキみたいにさっぱり、おとなしい感じでした。
パリのガッツリ系に慣れてしまった私たちには、ちょっと物足りなかったかな。

先日ダンナさんのお友達にもらったお土産。
a0077419_7355046.jpg

マカロンの生地はしっかりめ。
みっちりと挟んであるクリームはみんな甘さ強めで、それぞれのフレーバーの味もきちんと着いていました。ケーキから受けた印象とは正反対。

パリセヴェイユ、久しぶりに行ってみたいなぁ。

Arnord Larher
53, rue Caulaincourt 18e
01 42 57 68 08
10:00-19:30
休:日月
M:12 Lamarck-Caulaincourt
[PR]
by akiko03t | 2008-02-27 07:41 | Paris sweets report

ガレット デ ロワ

クリスマスが終わった後は街中にガレット デ ロワが溢れていて、早く食べたい食べたいと思っていました。
今日買い物の帰りに小腹が減って、
a0077419_942222.jpg

買い食いー。
気が付けば、今日は第一日曜日でガレットを食べる日でしたー。
珍しくタイムリー。
これは一人用なので、フェーブは入っていません。

a0077419_9527100.jpg

こちら、昨日MORAで買ったフェーブです。
これでもかわいいのを必死に探したのでした。
[PR]
by akiko03t | 2008-01-07 09:06 | Paris sweets report

年末食べ納め

テストが終わったら食べたかったー、あのシャンティィクリームにpate a choux.
a0077419_6465144.jpg

なんだか小振りになった気がしますが。。。。
マドレーヌのラデュレは、それはそれは大盛況でした。
ウィンドウのアントルメもきれい。
a0077419_648839.jpg


翌日は、コルドンの中級・上級と一緒に戦った二人とアンジェリーナでお茶。
a0077419_648586.jpg

あれ??これまた小振りになった気がしますが。。。
私が大きくなったのか??!!(@_@;) (ガリバーかよ)
昨日のモンブランはイマイチでした。
そろそろアンジェリーナ=モンブラン、は卒業か?
この日の当たりはミルフィーユ。
生地がしっかりと焼いてあって、クリームの味と調度よかった。

あとはエルメ様に年末のご挨拶に伺わねばいけませんかね。笑
[PR]
by akiko03t | 2007-12-29 06:52 | Paris sweets report
それはそれは、二つの意味で目が飛び出るお茶でした。
一つ、ピエール・エルメのケーキを初めて食べた時以来のおいしさ。
二つ、夫婦で72ユーロもお茶代に使ってしまったこと。

どこに行ったのかと言うと、そう、ミシャラクさんのケーキをいただきに、
プラザアテネへ!
友達5人で味のお勉強でございます。
私たちが着いたのは14時過ぎでした。
ケーキのトローリーが回ってくるのは15時から。それまで紅茶を飲みながらおしゃべりをして待ちました。
コーヒー、紅茶、各9ユーロなり。

話に夢中になっていたら、もう15時過ぎ。
a0077419_7251989.jpg

待ってました!
きれいでおいしそうなケーキが、たいそうなトローリーに乗ってやってきました。
うー、何を選んだらいいのか?!!!!
a0077419_861127.jpg

ダンナさんはチョコレートのエクレア。
このシュー生地がしっかりとしていて、また中に入っているチョコクリームが、大変なおいしさでした。
a0077419_87178.jpg

私はこれまた調度いいかたさと言うかやわらかさと言うか、とにかく質感もバッチシなチョコレートのケークの上に、どこの牛さんの乳からできたものか、すばらしくおいしいシャンティィクリームがのっかっている、罪な作品。
シンプルでありながら私たち夫婦を秒殺したこのケーキ、ダンナさんは2個目のケーキとしてロックオンしてました。
a0077419_8105364.jpg

私の2個目は、この見た目にもかわいいリンゴのケーキ。
リンゴのお酒であるカルバドスを使っているそうです。
このケーキも下はシュー生地ですが、しっかりと焼いてあって、いい!!!
このクリーム、私はムースリンじゃないかと思ったんですが、お友達はシャンティイじゃないかって。
バニラビーンがふんだんに使われ、中に入っているリンゴはシャキシャキに火を通してありました。
リンゴの香りが穏やかに感じられる、シンプルだけど上品でかわいらしいお菓子。

これらのケーキ、それぞれ13ユーロ。162円で計算すると2100円。
決して大きくないんですよ、日本サイズ。
こんなに単価の高いケーキを食べたのは、人生初めてです。
でもおいしかったの、2つ食べたかったのよ、罪な味だ!
お紅茶も大変おいしく、香り高かったんです。
大変結構なティータイムでございました。

帰国前にもう一回、行きたいー。
死ぬ前にも食べたいぞ!
[PR]
by akiko03t | 2007-11-27 07:27 | Paris sweets report

Salon du chocolat 2007



お待ちかね、Salon du Chocolatに日曜日に行って来ました。
今年はプロフェッショナル会場と、一般会場があり、プロフェッショナル会場へはコルドンから招待状をもらうことができました。
と言っても、プロフェッショナル用ということは商談向けのようなところばかりで、
a0077419_72556.jpg

こーんな感じ。私たち学生には縁遠い感じです。
でも、こんなかわいいディスプレイもありましたよ。
a0077419_794453.jpg

クリスマス向けです。ピンクでかわいらしくて、Mayaが好きそう。
これはイースター用チョコレートです。
a0077419_7105462.jpg

うさぎのデザインがキュートです。うさマロさん、欲しいだろうなぁ。

その奥で、World Chocolate Mastersというコンペティションが行われていました。
参加者たちの作ったチョコレートの大きな作品が展示されていました。
a0077419_754699.jpg

こちら、日本の方の作品。
完成度が非常に高く、「やっぱり今や日本のパティスリーが一番だ!早く帰らなくちゃ!!」と心の中で納得していた私。
a0077419_775621.jpg

これはフランス代表の作品。
ビミョウに意味不明な感じが(例えば右のきのことかー)、フレンチの芸術か?!(・・?
先ほど気になっていた結果をHPで見てみたら、やっぱり日本の
水野さんが優勝です!!おめでとうございます!!!
早く日本で修行をしなくてはなりませぬぬぬううう!!

試食をたくさんしたいな、ということで結局一般会場にも向かいました。
でも、この人、人、人!!
a0077419_7153413.jpg

会場は去年と殆ど変わりありませんでした。
昨年買って、とてもおいしかったのでリピート買い。
a0077419_7191257.jpg

サンマロにあるホテルのチョコレート、ホワイトチョコのトリュフでCtron Vert(ライム)の香りが爽やかです。
シャンパンと一緒に食べるのがいいのだとか。
シャンパン買わねば。

それにしても、フランスでは国民的食べ物ですね、チョコレート。
[PR]
by akiko03t | 2007-10-24 07:21 | Paris sweets report
秋が深まってくるということは、チョコレートの季節本番であるということです!
今年も近づいてきましたよ、サロンドゥショコラ!!!
a0077419_445671.gif

パリは今週末19日からスタートです。

ブログには載せなかったのですが、実は去年もサロンには出向いていました。
なんてったって、念願のパリサロン!!
這ってでも行きますよ!
って、実際這って行った様なもんなんですけどね。
というのも、調度バクテリアに侵されていた時なんですよ。
だからってダンナさんに手をひっぱってもらいながら行ったんだから、食い意地が張ってるとでもいいましょうか、チョコレートに対する情熱の強さといいましょうか。
こちら、証拠写真(?!)の数々です。
a0077419_4254790.jpg

a0077419_426366.jpg

a0077419_4262049.jpg

ISETANクルー発見。
a0077419_4263970.jpg

a0077419_4265973.jpg

今年は体調管理に気をつけたいと思います。笑
[PR]
by akiko03t | 2007-10-16 04:12 | Paris sweets report