33歳路線変更~パリ行き 2006年7月ダンナさんの修行のためパリに引越し。私はずっと興味のあったパティスリーの勉強を始めました。


by akiko03t

カテゴリ:旅行( 20 )

クルミって

私知らなかったんですよねー。
クルミって、あの硬い殻がそのまま木にぶら下がってると思ってたんです。
a0077419_639457.jpg

緑の実の皮がむけて、その中身があの殻だったなんて、34年間知らなかったのですよー、お恥ずかしい。

拾いたてのクルミを割って、さっそくサラダにしました。
a0077419_6413241.jpg

そしてサーモンをバーベキュー。
a0077419_6471692.jpg

炭火焼は香ばしくて最高です。
a0077419_6432968.jpg

こんな風にお昼は庭の日向でゆっくりと食べました。

毎日ストレスの多いパリ生活。
週末にパリを抜け出して、田舎でのんびり。
こうしてパリジャンは日々のストレスから解放されているんでしょうね。
[PR]
by akiko03t | 2007-10-04 06:45 | 旅行

きのこ本命でしたがー、

今回カンパーニュに行った目的は、きのこ狩り。
ポールおじさんの家の近くの森の中を、ひたすら地面だけを見つめて歩き回りました。
a0077419_6553313.jpg

食べられない。
a0077419_6562552.jpg

これもだめ。つーか、デカイ!
a0077419_6571179.jpg

こちらも毒キノコ。
きのこ自体があまり生えておらず、見つけると大声でポールおじさんを呼んで確認するのですが、「ah,NON!」という返事ばかり。
この奇妙なきのこも
a0077419_6592092.jpg

ダメだと思って写真だけ撮っておいたら、家に戻ってきのこの本を見ていると、「これは食べられるやつだよ」ってーーー!!
残念。。

森を歩き回って何の収穫も無いのはしゃくだなぁと思っていたら、たくさんの栗が落ちているのを発見!!
a0077419_714333.jpg

ということで、ちくちく指を刺されながらシコタマ拾って帰ったのでした。
実はー、きのこよりも栗のほうが好きな私です。
[PR]
by akiko03t | 2007-10-03 07:05 | 旅行

campagne

またしてもポールおじさんにお世話になりまして、彼の所有するカンパーニュのお家へ行ってきました。
Courtenay(コートニー)というパリから南へ100キロほど離れたところです。
a0077419_7272398.jpg

20年くらい前に買ったらしく、その時からコツコツとお家を直してきたそうです。
最初は屋根を張り替えて瓦を全て磨いたりしたんだとか。
ポール自慢の暖炉と左側にあるのは、なんと釜ですよー。
a0077419_7295150.jpg

この釜も息子さんと一緒に作り直したんですって。
家の前の石畳など、少しずつ週末に通いながら作っていった自慢のお家です。
a0077419_7322336.jpg

裏手には薪がたくさん。
a0077419_7374536.jpg

この斧で薪を割っていました。
こんな風景、私はテレビ”北の国から”でしか見たことがありません。
a0077419_7344270.jpg

これが一番新しい作品だそうで、バーベキュー用。
お庭もひろーい。
a0077419_7401888.jpg

お天気にも恵まれました。

続きはまた明日。
[PR]
by akiko03t | 2007-10-02 07:40 | 旅行

Day7・8月18日 土曜日

最後の日はとってもいいお天気。このまま帰るのはもったいないので、散歩をしてから最後のハイキングへ。
山の高いところへ行きたかったというダンナさんのリクエストで、ロープーウェイを途中まで使って、その後登山。
a0077419_253672.jpg

冬はスキー場になるハイキングコースは、まさにゲレンデを登っているので日陰も無くただただ坂。
a0077419_265276.jpg
2000メートル以上あるので、風が冷たい。動いていれば暑くて汗をかくのですが、ひとたび休憩するとすぐに汗をかいたTシャツが冷たくなります。
そんなに登らないよ、と言っていたはずなのに、まだー??
a0077419_274444.jpg
1時間半ほどかけて、夏のゲレンデを登って頂上へ。やはりルートを間違えていたようで、予定よりも高いポイントを目指していました。
a0077419_2104975.jpg

標高2059メートルで柿の種を食べる女。
a0077419_2124082.jpg

a0077419_2125610.jpg

下りは砂利が滑るので、私は怖くて仕方ありませんでした。
ロープーウェイは昼休みの12時半から14時まで動いていません。14時まで休憩。たくさん歩いたので、ご褒美に(?)こーんなボリュームのクレープ。
a0077419_2134914.jpg

苦労して歩いた2時間半、これでチャラだろうか???

家に戻って、掃除。ここからの眺めも最後です。
17時前に出発。帰りは渋滞もなく順調でしたが、パリに付いたのは23時半。フランスの高速道路はなんとライトが付いていないんですよ。パリに近づくと明かりがありますが、田舎は高速と言えども真っ暗。反射板(?黄色く光るもの)があるだけです。その中を130キロで走るのは、助手席でちょっと怖かったですね。もちろん、私たちの車をじゃんじゃん抜かしていく車もあるんですから、フランスで運転はしたくないものです。パリに近づくに連れて、テロリスト・パリジャンの車があっちこっちから飛び出てきて、怖すぎー。

のんびりの一週間もあっという間に終了。どうして夏休みってすぐに終わっちゃうんでしょうね。またパリで全速力の生活に戻ります。
[PR]
by akiko03t | 2007-08-27 02:14 | 旅行
今日は寒かったですよー。山の上はもっと寒くて20度なかったと思います。
午前中は近所を散歩と、隣町まで車で走って簡単なハイキングコースに出かけました。今日は雨は降らなかったけれど、風もあってとうとうウィンドブレーカーを着用しました。下も半ズボンでは少し寒かったー。
のどかなハイキングコース。いろいろなルートがあるので、たまに人にすれ違うくらいです。だからこんな人目を気にせずポーズもできちゃう。
a0077419_6592646.jpg

だからって、やらなくてもいいんですケドネ。

殆ど毎日家で食事を取っていました。山を見ながらの食事はなんだか、おいしい。
a0077419_71146.jpg
この景色を見ながらの食事ももう最後です。

ささ、午後は再び乗馬にチャレンジ。
前回とは違った乗馬施設です。ここは子供用のスクールもあって、子供たちが乗馬のレッスンを受けたり、世話をしたりしていました。
馬小屋から顔を出している馬も。馬の顔って大きいですよね。自由になでることができるんですが、最初はちょっと怖かったです、だって大きいー。
a0077419_733923.jpg

今日も牝馬。心配でしたが、前回よりは性格の穏やかな馬でした。それでも散歩途中につまみ食いが多く、途中坂のカーブが怖かったのか、反対方向に歩き始めてパニック!ガイドのお兄さんにお尻をたたかれてから(馬がびっくりしたので、私も落ちそうになりましたよ)、だいぶ言うことを聞くようになりましたが。
景色のいい草原をゆっくりと散歩するのもいいのですが、もっと馬をうまく操れるようなレッスンを受けたいね、とダンナさんと話していました。パリに戻ったら乗馬スクールか?!(旅の一時的感情となるでしょう)
一緒に散歩した親子がいましたが、ロナウジーニョにそっくりのお母さん、馬の操作がとっても上手でした。馬っぽい顔だったから??

今日はこちらで最後の夕食なので、名物料理のタルティフレットをレストランで食べました。
a0077419_74533.jpg

ジャガイモのチーズグラタンなのですが、これが重いのなんのって。
思ったよりも小ぶりでサラダも付いていてよかったー、なんて思っていましたが、結局ずっしりと重くなってデザートは断念。カフェを一杯飲んで、それでもお腹がドスン。

明日は再び600キロの道のり、パリに戻ります。渋滞にハマらなければいいんだけど。パリのおいしいパンとケーキを早く食べたいです。
[PR]
by akiko03t | 2007-08-26 07:05 | 旅行

Day5・8月16日 木曜日

今朝は雨がたくさんふっていました。とうとうお天気くずれたかな、様子を見ながらおやつを焼いていると10時過ぎに雨は止んで曇り空。
近くを散歩してから、お昼をいつもの通りベランダで。
ここで山を眺めながら食事するのが一番です。

午後は鍾乳洞に出かけました。
Grottes de Chorance(コーランス鍾乳洞)、www.chorance.com
40人ほどのグループになって、ガイドさんが案内してくれるツアーでした、約1時間。
鍾乳洞の中はきれいに整備されていて、ディズニーランドのカリブの海賊を思い出させます。ただ、とても涼しくて通年10度くらいだそうです。七部のパンツだったので、足元がスースー寒かったです。
a0077419_8422655.jpg

ツララのようにいくつも天井から細長く伸びているのは、カルキを含んだ水が垂れてできたもので、100年で5センチ伸びるそうです。棒の中はストローのように空洞になっていてそこを水が通って垂れてくるんだとか。
とても幻想的です。
途中、プラネタリウムのように大きく広がった洞窟で、音楽と照明にいよる鍾乳洞スペクタクルもありました。これにはちょっとゲンナリ、、、そこまでエンターテイメントにしなくても。。
その昔、恐竜の時代から生き残っていると言うウーパールーパーみたいな生物も見せてくれました。水槽に入っていて、なんとも奇妙な。。。こちらは撮影厳禁。
洞窟を出てから、近くの滝を見に少し散策。
a0077419_8431744.jpg

山の水はきれいですね。

さて、夕飯にはまだ早いし、お茶したいところだけど、おいしいケーキが食べられるカフェも期待できそうになく、少しドライブ。
a0077419_8454295.jpg

このように、ひろーく広がる草原に牛さんがのんびりとしている風景が続くんです、のどかですねー。

暫く走って、もう一つ気になっていた鍾乳洞に到着。ラッキーなことに最終の受付に間に合ったので、本日2件目、鍾乳洞ツアー。
La Draye Blanche www.drayeblanche.com
ここには動物村のようなものが併設されているので、どちらかというと私たち夫婦は動物見たさに訪れたのですが、最終ツアー開始までに10分しか時間がなかったので思いっきり駆け足で動物たちを見学(=ほぼチラ見)。
ヤギの赤ちゃんがかわいかったー。
a0077419_8435931.jpg


さて鍾乳洞ツアーは、最終時間だからか私たち夫婦ともう一家族(5人)だけでした。その前の回はここでも50人近くいたんですって。
ここは最初に訪れたところよりもシンプルで、飾り気のない洞窟でした。でもこちらのほうが、静かで、水の垂れる音が聞こえ、鍾乳洞のありのままをに近い形で見学できました。
表面がキラキラしているのが見えますか?クリスタル化してるのだそうです。
a0077419_844248.jpg

一度ガイドさんが、全部の照明を消したんですね、もう本当にまーーーくら!!
何も見えません。「最初にこの洞窟を発見した人が、恐らくたった一本のろうそくだけを持ってここに入り込んだとイメージしてみてください」とガイドさん。
こんなへんてこりんな形をしたものが暗闇に映し出されて、きっと怖かったんじゃないでしょうかって。
そりゃそうですね、間違いない!!一人置き去りにされたら、こわくてたまりませんー。
しかし幻想的で、不思議な空間です。
こちらはプライベートな所だそうで、ガイドさんが所有している鍾乳洞だそうです。つまり、彼はこの洞窟の中でバーベキューをしたり、クリスマスパーティーを開けたりするんですよね。なんだかこれまた不思議な感じ、羨ましいか?そうでもないか???

明日は再び乗馬チャレンジです!
[PR]
by akiko03t | 2007-08-25 08:45 | 旅行

Day3・8月15日 水曜日

今朝はパンの成型と焼きから始まりました。
ダンナさんが起きてすぐに、生地を冷蔵庫から出して作業に取り掛かったのにはびっくり。=職業病ってやつですかね。
分割→発酵→成型→発酵→飾りの切込入れ→焼き
と食べるまでにまだまだ時間のかかるパン作り。
待ちきれないので、昨日買っておいたこの地方名産と思われるクルミのタルトで腹ごしらえ。
a0077419_7345281.jpg

物凄く濃厚、クルミ載せすぎ!ってことで、私はクルミの部分を少し残してパンに入れることにしました。
焼き上がりです。
a0077419_7351098.jpg


パンが焼きあがったところで地元のマルシェに行ってきました。
a0077419_7355432.jpg

やはり山岳地帯だからでしょうか、チーズとサラミが特産のようですね。
こんなに大きなチーズ!
a0077419_7362772.jpg


そして今日の目的地はcascade verte(緑の滝)。パンフレットなどに美しい写真が載っていて、ダンナさんがぜひ訪れてみたかったところです。旅行案内所で行き方を聞いて、いざ出発。
思ったよりも遠く、くねくねと山道を進んでいきます。
途中休憩した川原。
a0077419_73859.jpg
水が冷たいです。
案内の表示看板がないわよ、と案内所の人に言われた通り、車一台やっと通れるくらいの細い道を降りていくので、最初は見落としてしまいだいぶユーターンして見つけました。
すぐ近くまで車で行けると聞いたけど、レンタカーは四駆じゃないので途中で車を止めて歩いていきました。
本当にここでいいのかな??と半信半疑であるいていくと、
a0077419_7391435.jpg

すばらしい!!!
これは一見の価値十分にありです!!
とてもきれいな緑のコケのベルベットのじゅうたんを、山水が滑り降りてきます。
このコケに触ってみたのですが、もっと柔らかいと思ったら結構弾力があって硬くてしっかりとしていました。
それにしても美しくてすがすがしい。
暫くダンナさんと眺めていました。写真もムービーもたくさん撮ったのでメモリーフル!でも写真だと迫力なくなっちゃうんですよね。わざわざ見に行って本当によかったです。

帰りは途中の町、Pont-en-Royansでカフェに入りました。古い建物が川沿いに並ぶ、イタリアの町並みのよう。
a0077419_7402623.jpg

とても暑かったので、川で水遊びをする家族連れで賑わっていました。

緑の滝に大満足だったこの日、寝る前に天窓からたくさんの星が見えることに気が付き、一度ベットに入ったものの、大きな天の川を眺めたくて車に乗って山の上までドライブ。
真っ暗かと思いきや、たくさんの星の輝きで明るいんですね。
あんなにたくさんの星を見たのは初めて!
プラネタリウムよりも多く見えました!!
さすがに星空はデジカメで撮っても、写りませんね、残念。
唯一、
a0077419_7492694.jpg

自然に感激した一日でした。
[PR]
by akiko03t | 2007-08-24 07:45 | 旅行

Day3・8月14日 火曜日

何ででしょうかね、この町はパンがおいしくないんですよー。3件試したけど、全部ダメー。パン屋さんは結構あるのにー、全滅近し。何で?粉のせい??フランスにいるのにーぃ。
ってことで、昨日買ったイマイチのバゲットは今朝フレンチトーストになり(それでもおいしくないってことです、ダンナ談)備え付けのオーブンで、パウンドを焼きました。お菓子を習っていてよかったー。
a0077419_6483741.jpg


午後は念願の乗馬にチャレンジ。1時間の散策コースでした。私の乗った馬は途中から機嫌が悪くなって最後は全然言うことを聞かなくなってしまったので、牧場の人に手綱を引っ張ってもらうことになりいました。私の前の馬が食いしん坊で、よく止まって草を食べていたせいで私の馬も寄り道しがちになり、それを私が注意していたのが気に入らなかったのかな。終わりのほうは急に小走りになったり、坂道をずるっと滑ってみたり、ぜーったいにわざとやってたと思いますー。ヒステリックな牝馬だったぞ。あーゆー女子いるわぁ。
でも、景色のいい森の中を馬で巡るのはマイナスイオンたっぷり、楽しいです。もう一回今度は日本人に寛大な牡馬に乗りたいな。
a0077419_6512867.jpg

この余裕の無い後姿は私です。(^^ゞ
たったの1時間の乗馬なのに、結構疲れるんですよね。明日は筋肉痛かな。

町に行って、気になっていたパティスリーでケーキを物色。
気になるな、このマカロンはなんだ??ちょっと高くて手が出ず。
a0077419_653270.jpg

ケーキはチョコレートムースに、中にはキャラメルとノワゼットが入っていました。
a0077419_6535961.jpg

今までの中では一番おいしく、仕上がりもきれいなパティスリーだと思います。

夕飯の後は、明日の朝のパンの仕込み。
おいしいパンがないなら、作るしかない!!!
a0077419_6552292.jpg
ダンナさんがパン職人でよかったー。(´∀`;A
a0077419_6563758.jpg

どったんばったんこねまして、なるべく発酵しないようにラップでぐるぐる巻きにして冷蔵庫へ。
明日二次発酵、成型、そして焼きでーす。
明日はおいしいパンが食べられるかな。
[PR]
by akiko03t | 2007-08-23 06:56 | 旅行

Day2・8月13日

今日は歩きましたよー。
初日はあまり気合を入れないで、ゆるーく行こう♪って言ってたのに、今回張り切っているダンナさんの仕切りで出かけたハイキング。
道を間違え、いきなりハードな山を登り、方向修正後も間違えていて単なるユーターン。
行きたかった滝が思ったよりも遠く、しかも無駄に登った山の上から降りてきたほうが近かったことが後で判明。
時間も時間なので、町まで歩いて買い物して帰ったので、予定の3倍は歩きました。
14h30に出て、戻ったのが19h、、、町でアイスクリーム食べた
a0077419_6185755.jpg
以外は歩きっぱなしよ。
初日頑張りすぎー。

ご存知の方多いかと思いますが、家の夫婦は方向音痴で免許を持っている夫と、方向感覚バツグンで無免許の妻なんですね。地図の読めない主人と地図眺めるのが大好きな奥サン。
釣り合いが取れてるってことですかね。
今回は何度目かの禁煙に挑戦中のダンナさんが、何かしていないと落ち着かないということで、地図を広げたり、調べ物をしたりと、いつもの私の役目をかってでています。
お陰さまで私は本当のバカンス?!
のんびりでーす。多少の間違いはありますけどね(^_-)-☆
a0077419_6195021.jpg

ベランダで食べるのが一番おいしかったー。
a0077419_6201128.jpg

牧草刈りも広くて大変だなぁ。
a0077419_6203016.jpg

野生のフランボワーズです。
a0077419_6204851.jpg

a0077419_6211283.jpg

やっと辿り着いた滝。
a0077419_6212621.jpg

牛さんもいっぱいいましたよ。
[PR]
by akiko03t | 2007-08-22 06:21 | 旅行

Day1・8月12日 日曜日

旅日記スタート!!ワ―ヾ(●´∀`●)ノ―イッ
先週つけていた日記を載せていきますね。

夏のバカンスです。
フランス人ではないのでバカンスを取る予定はなかったのですが、ダンナさんが勤めるお店が改装工事を行うため彼は8月に強制的に3週間夏休みとなりました。
とうことで、私も一週間お休みを取り夏休み。
灰色のパリを離れて、海に行って思いっきり太陽を浴びたいぞーと思ったのですが、このバカンスシーズン真っ只中、私たち貧乏夫婦には目の飛び出る旅行代金。。。。。
でも一週間もパリに居たってねー。
そこでまた頼りになるのはポールおじさん。
彼の所有する山の別荘を格安で貸してくれることに!
ちょっと遠かったケド。

レンタカーを借りて出発!
パリを朝11時半に出て、到着したのは19時。
パリを出るのに渋滞にハマりましたが、それ以外はスムーズに高速を飛ばしてやってきました!
a0077419_3454657.jpg

山です!マイナスイオンです!!

荷物を下ろして町に向かい、早速夕飯。
どういうわけか、見渡す限りクレープかピザのお店。
観光地って、そういうもんですか??
この名物は、タルティフレットというチーズたっぷりの料理ですが、ちょーっとそれは。。。
横道に、menuが13ユーロという激安レストラン発見!
試しに入ってみると、サービスの方はとても感じがいい。
おいしかったら、また来ようね、と話していたのですがー。
料理はサイアクでしたー。どうしちゃったの?ってな料理が続き、極めつけはデザートでした!!
a0077419_3493514.jpg

a0077419_3501193.jpg

ここはアメリカか?!
フランスでこんなデザートが出てくるなんて!!!!
明日から自炊です!
[PR]
by akiko03t | 2007-08-21 03:52 | 旅行