33歳路線変更~パリ行き 2006年7月ダンナさんの修行のためパリに引越し。私はずっと興味のあったパティスリーの勉強を始めました。


by akiko03t

<   2006年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

!!問題発生!!

海外生活では常に”珍”が付きまとう私の運命。

この度、インターネット接続が不可能になりました!!!(ToT)/~~~

契約しているケーブルプロバイダーnoos(ヌース)、月曜日の夜から突然接続できなくなり、火曜日の朝は復活。しかしまた火曜日の夜から今度は本格的にコネクションがシャットダウンとなりました。
noosのお店が偶然にもアパートからすぐのところにあるので、昨日の朝一番で出向くと何人かのおじさんが、同じくお店の前で待っていて同じくつながらないそうです。
げげー。
お店が開くと、店員さんもパニック。。。
当然お店のネットもつながらないとか。
「ムッシュー、私にどうしろっていいうんですか、ここだってつながらなくて何の仕事にもならないんですから!!!」
と逆ギレしている女店員も。。。。
おじさん:いつごろ回復するんだい??
店員男:分かりません、今日の午後かもしれないし、明日かもしれないし、5日後かもしれないし、一週間かかるかもしれない。

がーん。。。。
それでも、OK, Bonne journee!!と言うのは忘れない彼ら。

そして、私はまたネットなしの生活になりました。
しばらくメールの送受信・ブログ更新ができませんので、ご容赦ください。。
[PR]
by akiko03t | 2006-08-31 20:53 | 日記(Diary/Journal)
この物体。
a0077419_19274028.jpg

食べられるんだそうです、しかもおいしいとか。

前回のパリ滞在のときは勇気が無くて(?)チャレンジしなかったこの食べ物に挑んでみることにしました。
ダンナさんに聞くと、茹でてマスタードのソースで食べるのだとか。
ふむ、でもそのマスタードソースってどうやって作るの?
ダンナ:知らない。。。
茹でるんだよね?
ダンナ:たぶん。。。

パスタ用の大きなお鍋で泳がせて茹でてみました。
まずはこのヘタ(?)を一つ一つむしりとって、下にかろうじてついてくるホクホクした部分を食べるそうです。
a0077419_19364671.jpg

海賊ドッキリゲームでしたっけ?
樽にナイフを刺していって、上に乗ってる海賊のおじさんが飛び出さないようにするやつ。
ドレミファ・ドン♪で使われてましたよね、(古い??)あれをやってる感じが少しします。私だけ??

ひたすらひたすらむいては、ちょっとの部分にかじりついていくわけです。
味は、ソラマメみたいな感じですね。
おいしいですよ、でももっと一口が大きいほうがいいんだけどな。。。

で、こんな風にこんもりとゴミが出て、
a0077419_194094.jpg


やっと中心にたどり着いたら、こんなふさふさに毛が生えていて、そこはナイフで落とすらしいです。
で、茎のところにある、ソラマメ風味のかたまりをやっと食べられます。
a0077419_19415240.jpg


んー、食べるのに時間がかかったという充実感はあったけど、たくさん食べた気がしないなぁ。
次は一人一個ですな。
[PR]
by akiko03t | 2006-08-29 19:44 | Paris Journal
昨日からここパリでのコンサートも始まりました、マドンナ。
a0077419_23112256.jpg


音楽・芸能よりも甘いものが好きな私ですが、マドンナは大好きなんですね。
13年ぶりの来日公演が来月ありますが、どうしてそんな時に私はパリなんでしょうか。
こちらに来てからまずコンサートチケットの入手を(というか来る前からお願いしていた)ダンナさんに懇願していましたが、既に売り切れ。
一度は諦めたものの、コンサート日が近くなるにつれやっぱりどうしても行きたい!!
ネットで調べると、一枚560ユーロ!!安くても290ユーロなら残っているみたい。
ちょっと、そこまでは出せませんよぉお。今プー太郎ですしぃ。

すると昨日のニュースで、まだ今日と29日に若干のチケットが残っているとか!!
ナニ!!!!????
a0077419_2328431.jpg


昨晩仕事で疲れたダンナさんをPCに貼り付けて探しましたが、この国はネットサービスも不親切で「ある」って書いてあるのに注文できない!
それじゃぁ、明日朝一で店に行ってやる!!!

と勇んでLes Hallesのfnac(フランスのHMVみたいなお店)に行ったわけですよ。
Akiko:あの~、マドンナのチケットってまだ入手可能なんでしょう(か?)
   私の質問が終わる前に、
店員女:NO!
   そこまで否定しなくても。。。。。
店員女:もう全くありません。昨日500ユーロ近くしたのだって売れてしまったし。
Akiko:昨晩ネットを見まして、まだ(お店では買えるって書いてあったんですけど)
   って言いたかったのに、また遮られた。。
店員女:ネットでも何でも同じことです。とにかくありません。
   同じことって、そんな風にはネットに書いていませんがね。
Akiko:OK, Merci.Bonne journee!

こんな時でもMerci, Bonne journee!だけは欠かしてはいけないのが、フランスのルールなのです。

昨日テレビでは会場前でインタビューをしていて、フランスの南から来ている人もいれば、なんとイングランド、ドイツなんかからも来てるんですよ。
そりゃ、チケット取れませんよね。

ってことで、行けませーん!!!!
日本の皆さん、チケット入手できましたかぁーーー??!!
コンサートDVD買ってやるぅー。
[PR]
by akiko03t | 2006-08-28 23:29 | Paris Journal
金曜日はいいお天気だったのでオランジェリー美術館に行ってきました。
月曜日は雨で並ぶのを断念していましたので。
a0077419_221474.jpg


14:30ごろ行ったのですが、案の定列が。
ちょうど日陰になっていて気持ちよかったので、この日は待つこことにしました。
30分ですね、15時には入場することができました。

以前訪れたのは99年、私の人生でのパリでビューの旅行のときです。
この時既に改装工事が始まっていて、入場はできましたがモネの壁画だけ見ることができました。
ですので、今回建物はきれいになっていて、絵画がたくさんあったので私には違う美術館のようでした。

今年東京でポーラ美術館の展覧会をBunkamuraで見て、モネの魅力に気づくこととなりました。
なので今回睡蓮の壁画を見るのをとても楽しみにしていました。

写真に納まらないこの空間。
鑑賞している人はみんなその芸術を持ち帰ろうとしきりにシャッターを押しているのですが、きっと同じことを思っているのでしょう。
a0077419_221231100.jpg


頑張ってみてこんな感じです。キビシイ。。
a0077419_2213511.jpg


一部アップで。
a0077419_22134540.jpg


ぜひぜひ一度行ってみてください。
昼間太陽の光がやわらかく展示室に入り込んでいる時間がいいかもしれません。
夜は夜で違った趣があるのかもしれませんが。

入場料6.5ユーロ、オーディオガイド4,5ユーロ
月曜日はお休みです。
Musée de l’Orangerie
Jardin des Tuileries
75001 Paris


外を出るとまだいいお天気。
コンコルド広場です。
a0077419_2219820.jpg


チュイルリー公園にはたくさんの人。
ベンチで日焼けしているおじさんもいました。
あ、馬だ!
a0077419_22195653.jpg

[PR]
by akiko03t | 2006-08-27 22:22 | Paris Journal

LADUREE

そうです、まさに!!LADUREE!!!!
永遠のスイーツ聖域☆(=スイーツバカモード入ります・σ(´゚∀゚`*))

クラシックな内装、宝石のように並ぶ(私にとっては)マカロン、ケーキ、ビエノワズリー。。。
そんな光景が店員さんのスノッブさを”高級感”とを勘違いできてしまう、本当に甘いものを目の当たりにすると興奮してしまう私。

ケーキの美しさといったら、美術品のようです。
わぁ~、、、
サイコ━+゚*。:゚+(人*´∀`)+゚:。*゚+.━━!!

何を買おう、どうしようぅ。

あぁ、ミルフィーユのプラリネがある、、、私のだぁい好きな一品。
ふじこさんと初めてお話したとき、彼女の一押しとして教えてくれたアルモニーも健在。
なんだよー、プレジールシュクレまであるのかよー。
今日が人生最後の日だったら、全部買い占めてやるのに!!(=盛り上がってます)

結局一際目を引く存在感のサントノレにしました。
あのシャンティィクリームに先ずは再会を祝ってもらおう。(すみません、完全に自分の世界です、、)
ダンナさんにはなにか、チョコレートのものを。。。
二つ、目をつけて中身を聞いてみたところ、一つはチョコレートのムースが入ってます、と言われそれじゃ、こちらは??
「チョコレートと、プラリネが入っておりま、」
「それください!!!!」

なぜか一ずつ箱に入れてくれました。
色違うし。。
a0077419_7584095.jpg

この箱が5年前の私の部屋にはごろごろ置いてあったんですよね。
もう、見るだけでも幸せになっちゃう箱です。

a0077419_7591071.jpg

じゃじゃーん!!
サントノレさんの登場です。
本物のシャンティイクリームを食べたどー!という充実感。
そしてこのボリューム。
一気に完食はできませんでした。

a0077419_7594751.jpg

ひぇぇ、見てください、この美しいチョコレート!
名前はエリゼ。
金持ちの家の子供みたいです。
口に運ぶと、鼻を抜けるチョコレート&プラリネの香りがたまりません。

このケーキ2つだけで10ユーロ近くしました。
高級品だなぁ。
それだけの価値はありましたけど、頻繁に行くわけにはいきませんネ。
幸せ。。(*´∀`嬉)。。
[PR]
by akiko03t | 2006-08-26 08:13 | Paris sweets report

思い出の。。。

オランジェリー美術館のに行こうとコンコルド駅を降りると、怪しい空模様。
そして美術館には案の定入場まで待っている列が。
しかも外です、雨降ってきたらどうすんの?
傘持ってこなかったなぁ。

ってことで、まーた今度。
少し散歩して帰ろうかな、とシャンゼリゼに向かって歩き出しました。
並木が青々としていて、車道がすぐ隣でもなんだかゆったりした気分になります。
雨が少し振ってきましたが、木の下を歩けばそんなに濡れないで済みます。

アンバリッドの橋までやってきました。
こんな天気だけど写真を撮りたくなるのは、やはりパリだから?!
a0077419_16305126.jpg


エッフェル塔も。
a0077419_16314393.jpg


グランパレ、プチパレの間を通り抜けると、そこはシャンゼリゼ・クレモンソーの駅です。
そう、思い出の!
5年前に私が4ヶ月間滞在した、エンリケアパートはここから公園を抜けてすぐ。
当時のたくさんのエピソード、ご存知の方は思い出し苦笑いを浮かべているはず。
こちらも”珍アパート”で、毎日そういった意味で新鮮でした。
アパートの前まで行くのはちょっと勇気が出なかったのでー、そのままシャンゼリゼを登りはじめました。
懐かしいなぁ。

生憎のお天気ですが、もちろん観光客で賑わっている通りです。
ここまできたら、目指すはエメラルド色に金のロゴが入ったあのメゾン。
a0077419_1640577.jpg


雨が降っても気にしなーい。
一目散に坂を登るのでした!!!!
[PR]
by akiko03t | 2006-08-25 16:42 | Paris Journal
物価が高いと散々申し上げておりますが、日本よりも安いものの一つはフロマージュ(チーズ)です。
これでどうだ!!
a0077419_694955.jpg


ダンナさんのファミリーがバカンスで山に行ったときのおみやげと、スーパーで買ったものとありますが、今うちの冷蔵庫にはこんなにたくさんのチーズが眠っているのです。
コレステロールが心配ですが、少しご紹介してまいりましょう。

まず一番上の円柱のものは、プチ バスク。名前の通りバスク地方(スペインの方)のチーズです。ダンナさん、大好物。
お皿の上、上段左から、
エマンタル、私の大好きなミモレット、アボンダンス、コンテ、
下の段左から、
ボーフォール、ブルードゥサスナージュです。
プチバスクとミモレットはスーパーで買ったもの、それ以外は山(モンターニュ)のお土産です。

ミモレット以外はみんなソフト系のチーズと言うのだと思います。
チーズに詳しくないので、よく分かりませんが。
でも、これだけは確か、日本で食べるよりもコンディションが非常によく、風味があっておいしいです。
当たり前か。。。
それでもやはり、ユーロでフラン時代に比べるとチーズの値段も上がったそうですよ。
[PR]
by akiko03t | 2006-08-24 06:20 | Paris Journal

今時の海外生活

PCがあれば、殆ど不自由ない海外生活となりました。

私もこのdynabookで、このようにブログを投稿し日本の家族・友達に無事を知らせることができ、銀行口座の残高・クレジットカードの利用状況確認、ネット電話で母親と気兼ねなく連絡が取れ、サービス&インフォメーションの少ない現地フランスではネットでの事前情報収集ができます。日本のニュースもyahooでチェックできるし、real playerでニュース番組も見れます。
そして本日、私が個人的に大変感動したのはーーーーー!!!
potcastingでJ-waveの番組が聴けるンデスーーー!!!
し、し、信じられん。。。
クリス・ぺプラー氏の声が、こんなに近くにぃ??!!!

とにかくJ-waverの私です。
ほぼ開局当時からずぅーっと聴いています。
朝はいつもカビラさんだし。
もう12年も前か、、、オーストラリアにワーキングホリデーに出かけたときは当時付き合っていた彼にTOKIO HOT 100とGOOD MORNING TOKYO(当時の番組タイトルはTOKIO ONEだっけかな???)をカセットテープ(時代ですな)に録ってエアメールで送ってもらったっりしていました。

なのに、今はーーー、iTunesなるものをダウンロードするだけでー、
そうなんです!聴けるんです!!!
J-wave
なんてこったい。
文明の進化に、(ノ∀`●)感激♪
[PR]
by akiko03t | 2006-08-22 18:53 | Paris Journal
フランスでは基本的に日曜日はお店もお休みです。
私の住むカルティエ(地区)には、商店街のようにお店がたくさんならんでいますが99%閉まっています。
開いているのは勤労な中国系の飲食店、コインランドリー、あとはフランス人の食卓に欠かせないパン屋さんは日曜日が定休日でないところもあります。
人通りの多い道のカフェも開いています。

ずーっと家にいてもつまらないし、ちょっと散歩にでてみよう!
久しぶりに少し日が差して、直射日光はまだ夏の日差しですね、ちょっと暑い。
でもすぐに雲が出てきてしまいます。

まだ足を伸ばしていない、郵便局の先。
あれ??こんなところに、パティスリー、ショコラティエ!!!!
開いてるじゃーん。
おっとー、なかなかステキなケーキが並んでますよー。
アイスクリームも売ってるみたいー。

って、素通りできるわけが無い!!!
a0077419_0332061.jpg

はい、このピラミッド包み、ケーキ買っちゃいました。
じゃーん。
a0077419_0341618.jpg

ダンナさんは、カフェのエクレア。
私はピスタチオのミルフィーユですー。

このピスタチオグリーン、きてます。
a0077419_0353899.jpg


エクレアは、上のクリームがきれいに塗られているだけでなく、生地もしっかり焼いてあり中のクリームはたーっぷりカフェ風味。
ダンナご満悦。

私のミルフィーユは、フランスサイズで大きかったですよー。
クリームもたーっぷり。
パイ生地は色がきちんとつくくらい焼いてあるので香ばしく、甘いクリームと丁度よし。
ただ、ミルフィーユの特徴である食べづらさもピカイチでした。
クリームをたくさん入れてくれてるので、フォークを刺すと、サイドにピスタチオクリームの雪崩発生。
しかし、そんな苦労もなんのその。
食べ甲斐ありました。

今度はどのケーキにしようかな~。
[PR]
by akiko03t | 2006-08-21 23:29 | Paris sweets report

SHUSHIだ!!!

昨日お姑さんが持ってきてくれたのが、お寿司!!

a0077419_1465189.jpg

(すみません、手前を既に少しつまんでしまっています。。)
かなり豪華なパーティーお寿司です。
アジ、サバ、サーモン、まぐろ、うなぎ、いくらなどです。

日本食のお店はたくさんあって、お寿司と焼き鳥を出すところが多いです。
でも、経営しているのは殆ど韓国や中国の方々。
ここも、お店の名前は「おきなわ」で日本ムードたっぷりですが、中国の方のようです。
私が食べたことのあるパリのお寿司はパサついていてあまりおいしくなかったのですが、これは新鮮でした。
特においしかったのは、サーモン。
日本ではあまり好きな寿司ネタではないんですが、土地柄といいますか、フランスのサーモンはおいしいですネ。
贅沢を言ってはいけないけれど、お米が日本のお米ではないので私は握りよりもお刺身のほうがいいかなと思いました。
サーモンとアボガドを巻いていあるカリフォルニア巻き風なものがあって、その組み合わせは発見でした。
[PR]
by akiko03t | 2006-08-21 01:45 | Paris Journal