33歳路線変更~パリ行き 2006年7月ダンナさんの修行のためパリに引越し。私はずっと興味のあったパティスリーの勉強を始めました。


by akiko03t

<   2006年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

キャトルカール三度!

ダンナさんのママがお出でになるというので、今日も焼きました。
a0077419_1355921.jpg

まだこちらに来てからキャトルカールしか作ってないので、すっかり作りなれてきました。

これが私の材料たち。
a0077419_1375899.jpg

ピンク色のものはお砂糖です。
ひょうたんのような入れ物のほうは、粉砂糖。
もう一つはグラニュー糖です。

ポイントとしては、最初にバターをクリーム状にするとき筋肉痛の予感がするくらい一生懸命混ぜること!です、私の場合。
ここでの気合によって、舌触りが変わってくるようですよ。

これで彼の家族には全員私のキャトルカールをお味見いただいたことになります。
次は、違うお菓子を焼かないとネ。
[PR]
by akiko03t | 2006-08-20 19:20 | 明子作(Made by Akiko/Fa

パン屋さんのケーキ

昨日はどーしてーもケーキが食べたかったのです。

近くのパン屋さんに行ってみると、よかった、、まだケーキが残ってた!
ダンナさんはこちらのパリブレストがお気に入り。
私は今まで店頭で見たことが無かった、ミルフィーユにしました。

買い物を終えて家に戻り、食事を済ませて、お楽しみのデザートタイムだ!
珍しくケーキを箱に入れてくれたので、(パリのお店ではケーキ箱ではなく、ピラミッド型に包んでくれることが多いです)期待と共に、箱オープーン!!
a0077419_2143974.jpg


あれー!!???
パリブレストの上にちゃっかりミルフィーユが乗っちゃってますケドーーーー。
フランス人のなせる業だわ。。
ダンナ:「なんだよー、俺のパリブレストの上に乗せんなよー」
よかった、私のミルフィーユが上で。。。ヒヒヒ。。

a0077419_21451941.jpg

上にアイシングしてあるお砂糖の層が半端じゃないです。
暑さ5ミリはありました。
甘~い。
クリームもバタークリームのようで、だいぶこってり。
大味で“パン屋さんのケーキ”という感じでした。
生地はさすがにおいしかったですよ。
[PR]
by akiko03t | 2006-08-19 21:32 | Paris sweets report

救援物資到着! from Maya!!

キタ━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!
こーんなにたくさーん。
a0077419_17281842.jpg


大阪のMayaに爪の甘皮をとるオレンジスティックを頼んだところ(Mayaはネイリストです)、楽しい援助物資まで入れてくれましたー。
カレーが食べたかったのよー。
しかも中辛!うちは中辛なんです、さすがMaya!!
すし太郎も入ってるよー。
うれすぃぃいい。
☆⌒v⌒v⌒ヾ(≧ω≦)ノヒャッホーィ♪
オレンジスティックもたーくさん入れてくれて、本当にどうもありがとうね。

しかもー、Mayaらしくこんなにかわいい梱包でした。
a0077419_17334594.jpg

だからなのか。。。。。

前回日本から荷物が届いたとき、少し大きくて郵便受けに入らなかったら、不在通知が入っていて郵便局まで取りに行かなくてはならなかったんです。
こういうときは、管理人さんが預かってくれるはずなんですけどねー。
実はこのアパートの管理人、少し若めの女性でいっつも電話してるんですよ(大声で)、こちらが話しに行ってるときも電話置かないの。
で、週末には大音響でスペイン音楽を楽しみー、私たちの家にお姉さん夫婦が来たときに窓を開けていたら「少し静かにしてください、眠れません」なんて忠告。
私たちちっとも騒いでいなかったのにー。
なので私たち夫婦の間では、なんじゃアイツは!ってことになってます。
ま、私はどう手なずけようかと現在思案中ですが。

なので、昨晩ドアをノックして「管理人のダンナです」という声を聞き、恐る恐るドアを開けたとき、このかわいい小包を持って微笑んでるおじさんがいたときは、かなりびっくりしました。
「メルシーボクー、メルシー!!」と驚きと喜びに満ちた私の反応に、彼も少し驚いた様子でした。
きっとこのバラのシールがたくさん貼ってある包みをみて、届けてあげようって思ったんじゃないかしら。。(=勝手な読み)
ほほう、感じのいいダンナがいるんだな。。。。

Akiko,管理人との和解(喧嘩したわけではないけど)に期待するのでありました。
ま、一筋縄ではいかないだろうけどネ。

Maya、本当にどうもありがとう。
[PR]
by akiko03t | 2006-08-18 17:50 | Paris Journal

私のほうが緊張しました

こちらに来てから、ダンナさんの家族と店員さん以外とは話をしていない、実は引きこもり(??!!)的な私です。
私が前回パリに滞在していたのはもう5年も前で、4年近く住んでいたMotokoもさすがに昨年帰国済み。
ふじこさんも昨年ご主人の仕事で東京に戻ってしまったし、知ってる人はいないんですー。
しかも現在主婦業ですので、同僚おらず。
孤独なんですよー、これでも。
ってこともないか?!(笑)

まま、日本人語でダンナさん以外とお話がしたい、っていうのもあって友達に「誰か、知り合いを紹介して!」と頼んだところ、れいこちゃんが早速紹介してくれたN子さんに本日お会いしました!!

彼女はパリの郊外にお住まいで(と言ってもメトロ圏内)、今月末が2人目のお子さんの出産予定という臨月にもかかわらず、この孤独なジャポネーズにお時間を割いてくださいました。
そして私が何よりも緊張したのは、彼女の3歳の娘さんです!
私、大の子供嫌い、苦手。
最近は友達に子供が生まれたり、私も年を取ったせいか、だいぶ子供に対する嫌悪感は薄らいだものの、何せ接した経験が殆ど無いため子供も私に寄り付きません。
そしてこの濃い顔立ちですから、きっと今日も引かれちゃうんじゃないかなー、と思っていたら、、、。
なんと彼女は日本人の女性が大好きなんだそうで、どうやら私も彼女には(インドネシア人ではなく!!)日本人に映ったようで、彼女から手を握ってきたり、私の膝に座ったりと、まーーーー信じられない状況だったわけです!!!
私のことを知る人だったら皆この絵に驚いたはず!!
私がだってかなりびっくりな状況でしたけどね。

N子さんもこちらへ引っ越してくる時は、私と同じように出国準備に苦労したそうです。
出発直前に過労で倒れて点滴を打ったとか!
私も知恵熱(!!??)出しましたもんね。
たくさんお話をさせてもらいました。

N子さん、今日はありがとうございました。
Lちゃん、また遊んでね☆
れいこちゃん、ステキな方を紹介してくれてどうもありがとね。
[PR]
by akiko03t | 2006-08-16 23:57 | Paris Journal

パリ観光少々

今日は久しぶりに少し日が照って、日差しがきつーい、久しぶりぃー。
夕方には曇りだして雨が降りましたが。

8月15日は祝日でお店は殆どお休み。(Assomption 聖母マリア昇天の祝日 )
たまたまダンナさんもお休みだったので、少し散歩に出かけました。
エッフェル塔へ。
a0077419_5242846.jpg

すごい人でしたよー。
上に登ろうと思ったのですが、ものすごい長蛇の列だったのでまたの機会に。

その後アルマ橋を渡ってカフェでランチ。
a0077419_5271010.jpg

そうです初日のランチに食べたのと同じ、ステーキとフリット(フライドポテト)。
このプレートがなぜか食べたくなりました、肉、肉。
こちらのステーキは硬いので、ウェルダンなんかにしたら食べられません、ご注意を。

アルマ橋の近くにお花が咲いていました。
このビミョウなポーズを取った像は一体誰だかわかりませんが。。
a0077419_531205.jpg


シャンゼリーゼまでジョルジュサンク道りを登ります。
今日のルートはよくMotokoと学校の帰りに通りました。
懐かしいなぁ。
そしてHEDIARDに入って、誘惑と戦ったんだよねー。
よく負けたけど。。。
a0077419_535662.jpg


祝日ですが、さすがにシャンゼリーゼのお店はいくつか開いていました。
もちろんこちらのGrande maisonもー。
a0077419_5364021.jpg


坂を上ってもちろん、お決まりのこちらー。
a0077419_5374561.jpg

ここもスゴイ人です。
私の人生で何回この被写体をカメラに収めたことか。
でも目の前にすると、撮りたくなりますね。

よく歩きました。
[PR]
by akiko03t | 2006-08-15 23:19 | Paris Journal
ところでAkikoは何をしてるの?っといいますと。。。

一応9月からダンナさんのパン屋さんのパティスリー部門でお手伝いをさせてもらえるかも、ということで、現在待機中。
結婚してるから専業主婦ってことですかね、この状況は。
家事雑用係でございます。

ダンナさんは毎日バゲットを持って帰ってくるので、
a0077419_593620.jpg


翌朝にはこんな風にフレンチトーストになったりします。
a0077419_4461444.jpg


この時間がある間に、まだ行った事のないロンドンにでも小旅行に行こうかと思ったのですが、先日のテロでちょっと怖いかな、、と。
このままのんびりさせてもらうことになりそうです。
体ものんびりして、太らないようにしないとー。
[PR]
by akiko03t | 2006-08-14 23:37 | 明子作(Made by Akiko/Fa

fumer tue 吸ったら死ぬ

フランスのタバコ事情もオーストラリアと同じで、タバコの値段はかなり高いです。
タケヤマによるとオーストラリアは一箱1000円くらいと言っていたから、それよりは安いかな。
でも安くても5ユーロなので750円。日本の3倍ちかくですね。

それを見込んで大量に日本のタバコを持ち込んだダンナさんですが、もちろんそれも底をつきます。
これを機に禁煙すればいいのですが、やはりそうもいかないようで。
彼が考えたのは手作りタバコ。
この執念てなんでしょうね。。。

これが彼のタバコ作成キットです。
a0077419_1915870.jpg

上から、タバコを包む紙、フィルター、作成したタバコ(ちょっと細くなっちゃって失敗)、巻き込む道具、タバコの葉っぱです。

巻き込む道具(機械??)に紙を敷いて、その上に葉っぱとフィルターを載せて巻き込み、最後に紙の端を舐めて止める、という作業です。
a0077419_1941434.jpg


葉っぱが散らかるので「タバコが散らかってるんですけどーー!」という私の忠告と、どのタバコのパッケージにも書いてある「Fumer tue(吸ったら死ぬぞ)」
a0077419_196154.jpg

というメッセージを無視して、彼は今日も「なんで、うまく回らないんだー、このクソ道具!!」と腹を立てたり「あーー、見て、うまくいったよー」と一喜一憂したりするのでした。
[PR]
by akiko03t | 2006-08-13 22:56 | Paris Journal

ビストロ

近所にビストロを発見しました。
いかにも”フランスのビストロ”という感じのレストランで、メニューも私がまだ馴染みのないものもありました。
お姉さん夫婦と一緒にランチにいきました。
私はビーフのパプリカ味
a0077419_427990.jpg

こちらは子羊です
a0077419_430063.jpg

かなりボリュームありましたが、デザート食べないと〆られません。

この大きさわかりますか?
ダンナさんがタバコを取り出しました。
a0077419_4322230.jpg


私はお姉さんと半分こしました。
正解。こちらもかなりのボリューム。
いちごとシャンティィクリームのミルフィーユです。
a0077419_4335936.jpg


また食べに行きたいと思います。
でも、お腹をすかせて行かないとね。
[PR]
by akiko03t | 2006-08-12 21:21 | Paris Journal

パリ初 焼きたて~

昨晩、急遽ポールおじさんとK君がやってくるというので、お菓子を焼いてみることにしました。
こちらでお菓子作りをするのは諦めていたのですが、ラッキーなことにアパートにオーブンが着いていたので、早速趣味再開です!

とはいえ、レシピを全て日本に置いてきてしまったので、バター、粉、砂糖、タマゴが全て同じ分量で作れるカトルカールにしました。
モノプリ(スーパー)で秤と粉砂糖を購入。

じゃじゃーん、照明ちょっと暗いっすか??
a0077419_14673.jpg


いやいや、安い秤を買ったので、ヤツがビミョウな動きをするためバターが少し多く入ってしまった、というのもあるのですが、日本のバターよりも黄金色に出るみたいですね、バターの色。
そして味わいもリッチでした。

あぁ、やっぱり私にはこのシュミです、ほんと。
[PR]
by akiko03t | 2006-08-11 23:48 | 明子作(Made by Akiko/Fa
みなさまぁ~、Bonjour!!!
ついに本日自宅にネット開通です!!!
長かったぁ、苦節3週間。
やっとつながりましたよぉー。

今日は洗濯機も来ましたー。
これで手洗い卒業ですぞ。
うれすぃい。
a0077419_2316051.jpg
でかいです。。

パリは来たときの猛暑がひと段落して以来、ずーっと涼しいんですよ。
今日も20度。
肌寒く、長袖です。
ネット日和とでも言うんでしょうか?!
これからどんどんアップしていきますよー。
しかも今までいてもたってもいられずに書き溜めた日記があるのです。
今日はじゃんじゃん載せちゃいます。
沈黙を破って、パリ日記が一挙公開ですー。
[PR]
by akiko03t | 2006-08-10 23:19 | Paris Journal