33歳路線変更~パリ行き 2006年7月ダンナさんの修行のためパリに引越し。私はずっと興味のあったパティスリーの勉強を始めました。


by akiko03t

<   2007年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

初日!

昨日は遠足の前のようで殆ど眠ることができず(いくつになっても、、、ね)、重たいまぶた、まだ外が暗いうちに5キロの道具を担いで家を出ました。

まだ着方もよく分からない制服。
何が必要で、どこに行ったらいいのかさえ不安。
早めに行ったつもりが、ロッカールームでもたもたしていたらデモンストレーション教室の最前列は既に空席なし。
ふーむ、もーっと早く来なくちゃだめか。

最初教務から少し連絡事項があり、油断していたらいきなりデモ開始!
あっという間にシェフ、ボールに粉だのバニラだの入れましたよねー。
おおおおお、慌ててノートを取り始めます。
今日はサブレ(クッキー)。
そういえば、この間サブレ作ったよね。
当たり前ですが、シェフは手際よくいくつかのレシピをじゃんじゃん進めていきます。
お料理番組のように計量済みの材料が用意されていて、そりゃーちゃっちゃと行っちゃいますよ。

お楽しみはもちろん試食タイム!
そりゃ、おいしいわよね。サクサク。
バターの香りたっぷり。幸せ☆彡
Akiko:すみません、シェフ、質問があります。
家でサブレを作ったら表面が硬くなってしまったんですが、それは何が原因でしょうか?
Chef:オーブンの温度が高すぎたんでしょう?
Akiko:あー、オーブン?!
Chef:サブレはゆっくりと低めの温度で焼かないと。
Akiko:ああぁ、熱すぎたんだ。ありがとうございます!!
私の生地の作り方がいけなかったんだと(混ぜすぎ、こねすぎ)思ってたー。
よし、これをキーに家で再チャレンジだね。

作り方、手順は知っている。
でも、私のどこが(どの部分が)素人なんだろうか???
そっか、その生地の扱い方、手の動かし方、確認の仕方、、、、、。
と、頭では分かっていても、、、。

お昼休みを挟んで、すぐに午後実習がありました。
おもしろいですね、違う国籍の人とキッチンに立つというのは。
どーして、そうやっちゃうのかねぇ???!!!
というびっくり珍事満載ですよ。
東京にはないこんな楽しみもあるのかと思いました。

今日は午前中に4種類のレシピのデモがありましたが、実習はその中の一つです。
初日なので勝手がわからないし、あんな豪華な道具セット、何を使ったらいいのかどこに入れたか、もー、まどろっこしぃ。
そしてやっぱり、見ているのとやってみるのは大違いー。
キョロキョロしていたり、困った顔になったりしていると、すかさずシェフが「どうしたの?」と声をかけてくれます。
しかも片言の日本語を話してくれるシェフでした。
日本人の生徒がたくさん来ているんですもんね。
頭で分かっているけど、手が動かない。A´ε`;)゚・゚
歯がゆいもんです。

そんな中、途中経過の写真を撮ることも忘れてできた、今日の実習作品。
DIAMANTS
a0077419_7195613.jpg

サクサク、バターの香り香ばしく、オレンジの皮の摩り下ろしとバニラが上品な風味を与えてくれます。
初めての作品、なんだか愛おしく思えてしまう。
なんでダイアモンドと言うのか?
周りについているお砂糖がキラキラしているからだそうです。

楽しかった。(*′∀`)ニヒ♪
[PR]
by akiko03t | 2007-01-10 07:37 | Paris 修行LCB
明日から授業が始まります!!!カンゲキ―゚.+(〃ノωノ)゚.+°―!!
a0077419_8283577.jpg


ずっと憧れていた、夢だった、コルドン・ブルーでのパティスリーコース。
しかも、パリで!!
今日は道具に全て名前付け。
a0077419_8312495.jpg

この年になると、入学準備で名前付けなんて自分の娘や息子にしてあげることなんじゃないかなぁ~、なんて思いますが、私はまだ自分の学校準備してます。(^^ゞ
あぁ、何年振りでしょうか、社員証ではなく学生証を持ってます。(*^_^*)

緊張と興奮で眠れそうにないんですが、早く寝ないとーーー。明日は朝一でデモンストレーションを見ていきなりすぐ午後の実習です。
おおおおおお、この日が来るとは。。(花嫁の父の発言のようですネ)
私の夢を応援してくれる、理解のあるダンナさんに感謝しなくてはいけませんね。
そして、このチャンスを与えてくれた神様、どうもありがとうございます。
(無宗教ですが、祈りたくなる気分です!!)

さぁ、頑張るぞぉ!
[PR]
by akiko03t | 2007-01-09 08:40 | Paris Journal
♪こなーーーーゆきーーー、ねぇ、・・・・・・・でぇきたぁのかぁい!♪
一年遅れでレミオロメンを熱唱中@Paris、音痴なくせにカラオケ好きです。
ちなみにうちの夫婦、二人とも音痴です。

さて、昨日は夕飯の買い物に出かけたときにお呼び出しがかかり、ダンナ飯を作ってから、主婦ディナーに出かけました。
St-German des Pres---Odeon界隈です。
この辺りは小さな路地にたくさんレストランがあって、毎夜賑わっています。
出不精な私たち夫婦も、たまにはそんな”Paris”を味わわなくてはいかんよね、せっかくパリにいるんだしね。

でもって、PlatはBoeuf Bourguignon(ブフ・ブルギニョン、牛肉を赤ワインとたまねぎで煮込んだ料理)がおいしいんですよ、という今日お誘いいただいたパティシエールのオススメにして、entreはシェーブルのタルト。
a0077419_17325893.jpg

タルトなんていうから、キッシュのようなものがドドーンと出てくるかと思ってましたが、パットフユテ(パイ生地)のようなものがチーズとトマトの下に敷いてあって、とてもお上品な盛り合わせ。
うーん、おーいしぃ。
お腹減っていたので、もりもり食べちゃいました。

パリのビストロは隣のテーブルとの距離が殆どありません。
みんなくっついて一緒のグループみたいに食べています。
昨日もこの写真を撮ったら、隣のムッシュがじーっと見ているのに気づき、思わず目が・・・・。
ムッシュ「英語しゃべれるの?」
Akiko「ええ」
m:いや、そのデジカメが随分小さいなと思ってさ。
Akiko:C'est MADE IN JAPAN(*^_^*)
ムッシュの連れ女子:フランスにだってあるじゃない。
Akiko:そうですよね。
m:携帯についてるカメラなら知ってるけど、そんなに小さいのあるっけ?
連れ女子:あるわよ。
連れ&Akiko:ねぇー。

ま、こんな風に実は一緒に食事してたんだっけか??というくらい簡単に隣の会話に入ってきたり、会話を始めたりするのがフランス人らしいです。
ニッポンのみなさん、フランスで食事するときは隣の人が急に話しかけてきたり、ニコニコして見つめてきたりしても変質者じゃないですから、びっくりしないように。

そして、おっと、こんな銅鍋で出てきましたよ。
a0077419_1740944.jpg

お待ちかね、ブルギニョン!!
実はこの料理、フランス語を習い始めた超初級時代、教科書に出てきた料理でずぅーーーと(そう何年も)食べてみたかったんですね、2007年願い叶う!
a0077419_17414185.jpg

感動のあまり、手が震えたか!?すみません、肝心のお肉付近手振れしてますネ。
スープはさらさらで、思ったよりもあっさりしていました。
お肉は柔らかく煮込んであって、うーん、赤ワイン染みています。
温まる料理ですね。
ここはパンもおいしくて、このスープをすくって食べるのにバッチシ!

最近太ももがパツンパツンになってきたので、この私が!!デザートパス!!!
お料理がおいしかったから、お腹満足してたしねぇ。
エスプレッソを飲んできれいにフィニッシュ!!
最近腹180%詰め込んで食べる食事が多かったから、こうして腹八分目(いや、100%はいってたか。。)で理性が働くのもいいもんですなぁ。
(というか、ノエルのときに撮った写真で、ほっぺたにたこ焼きが出来ていることに気づいたのだ。更に母とスカイプしたときに、一撃くらったもんでね。(@_@;))

店員さんお忙しそうだったのでショップカードもらえず、外から一枚。
よかったら、電話番号だけですが参考にしてくださいませ。
a0077419_17474867.jpg

CHEZ FERNAND
01-43-54-61-47
[PR]
by akiko03t | 2007-01-07 17:53 | Paris Journal
a0077419_21154479.jpg

先ほどYahoo Franceを開いたらトップページに着物姿の女性の写真。
もしや??

そうです、日本の福袋の記事でした。
やっぱり面白く映るのでしょうか。

東京では新年の初売りが2日から始まりました。
夜明けと共に起きて時間までデパートの前で我慢強く待ち、開店と同時に福袋目掛けて突進です


かなり意訳ですが、このようなことが書いてあります。
そして具体的な福袋のお値段なども少々レポートがありました。
"kaimono minzoku" なんて書いてあるのは笑っちゃいますね。
最近はバブル時代ほどみなさん買い物してないですよねぇ??
パリのバーゲンは10日からです。
[PR]
by akiko03t | 2007-01-06 21:16 | Paris Journal

レジ横サブレ

レジ横、気になりますよねぇ。
そして日本ではあまり見かけない巨大クッキー(サブレ)となれば、いつまで買わずにいられるか、ってことですよ。(笑)
a0077419_17313489.jpg

デカイ!!
そして、厚い!!!
(注意:私の手は母譲りのビックハンドです)

子供の頃に夢見た”大きなお菓子”って感じです。
フランスでは夢でもなんでもなく、レジ横に存在しました。(^_^;)

食べ応えありましたよ。
日本のデカせんべいってとこでしょうかね。
でも大味ではなく、サクサク、私好みのシンプルなバターと砂糖味。
さすがに一度に完食することはしませんでしたが。
[PR]
by akiko03t | 2007-01-05 17:36 | Paris sweets report

年末年始のお菓子

お正月は爆睡中、ゾロメの30代@Parisでございます。
疲れが溜まっていたようです。
フットワーク軽いんだけど、基礎体力低い文科系の私。(笑)

さて、日本ではクリスマス明け26日には、デパートなどお店のデコレーションが全てお正月に早代わり。
クリスマスツリーが角松に、あっという間に置き換えられますよね。
ここパリでは、もうしばらーくイルミネーションが楽しめそうです。
ツリーもまだありますよー。

そんなのんびりムードのパリで、ノエルの後に一気に姿を現すお菓子、
a0077419_765678.jpg

それはガレットデロワ!
ガレットデロワはベツレヘムを訪れた東方の三賢人によって、イエス・キリストが神の子として見い出されたエピファニー(公現祭)の日、1月6日に食べるというフランスの伝統菓子です。(クオカHPより
どこのパン屋さん、ケーキ屋さんにも並んでいて、今日はモノプリ(スーパー)にもありましたぞ。
そういえば、日本にはガレットデロワのクラブもありましたね。
東京のケーキ屋さんにも今頃並んでいるのかな。

ガレットデロワといえば、フェーブ。
このケーキの中のどこかにフェーブと呼ばれる小さな陶器が入っていて、そこが当たった人が王様になれるんです。
今回このガレットデロワに入っていたのはこちら。
a0077419_7192932.jpg

カイザーのものなので、なんでしょうかね、パンの形なんですかね、これは。
フェーブのコレクターもいるらしく、さてさて、私も何件か買ってみたいところです。
[PR]
by akiko03t | 2007-01-04 06:06 | Paris sweets report

nesho-gatsu

皆様、謹賀新年。
2007年1月1日。
パリアパートにてひきこもり寝正月をしておりました、Akikoでございます。
日本の友達からのメールに「エッフェル塔すごかったねー」と書いてあり、そうなんだー?と気づく現地在住者。

12月31日は、最後のバイトを終え帰宅するとお姉さん夫婦が家に来てダンナさんと一緒にディナーを作ってくれていました。
レストランに行く予定だったのですが、予約が取れず(そりゃそうよね、31日に当日予約って、、(-_-;)、家で作って食べることにしたとか。
いやいや、ありがたいわ。
自宅にいながらにして、ご飯の支度をしないで済む主婦なんて(*^_^*)

まずはタラマソース。
a0077419_1846128.jpg

これ、最近気になっていたのですが初めて食べます。
似たようなタラモサラダなんかが日本の居酒屋にはありますよね。
鱈のたまごとクリームフレッシュ(生クリーム)なんかでできたソースです。
シャンパンと一緒に。
a0077419_18491780.jpg

お次はフォアグラー!!
お塩とフランボワーズのジャムと一緒にいただきました。
甘みの強い白ワインと。
フォアグラ、日本では苦手だったのですがやはりフランスだと食べられるもんですね~。
サラダを食べて、お次はメインです。
a0077419_1852614.jpg

子羊!!
栗とプルーンとにんにく、プロバンス味付けでオーブンに入れていました。
そろそろ、胃袋限界??!!

でもチーズ!
a0077419_18544588.jpg

デザート食べたいから、チーズはパスしておこうかな。。。。
Akikoのためにブルーチーズ買ったんだよー。
ですよね。。。
でもって、デザート!!
a0077419_18571346.jpg

皆各々好きなケーキを買ったようで、お姉さん夫婦はビュッシュ、ダンナさんはエクレアカフェ、私はタルト・ノルマンド(りんごのタルト)。チョコレートケーキじゃなくてよかったわ。

いやいや、満腹もいいところ、腹八分目なんてとっくに通り過ぎて堤防決壊っていうんですかね。
お姉さんたちはこの後クラブに乗り出していきました。
一緒に行こうと誘われましたが、クラブで踊るよりもまず消化促進が私たちの生きる道?!
ダンナさんもメインの時点で満腹ランプ点灯していたはずなのに、大好きなガトーバスク(チーズ)とエクレアで歯止めが利かず。。。
お姉さん夫婦を送り出し、二人でゆっくり家で年越しすることに。

おいしくいただいたのですが、やはり日本人サイズの胃袋には越えられない壁がありますわ。
2006年最後にお世話になったのは太田胃酸。
しばらく横になって、今年どれだけ太ったかについてお互いを指摘しあう夫婦(笑)。
このプヨプヨした肉の下に腹筋が存在する!!と言って譲らない夫。
それなら腹筋10回やってみて!とか、
腕立てならできる、とか、言いながら腹筋したりヨガのポーズをしてみたり。=バカ夫婦
そういえば?2007年は??
時間を見ると0:07!!
年越ししてた。。。。llllll(-ω-;)llllllガーン…
来年もパリにいるんだろうか。。。
エッフェル塔、見たかったなぁ。。。。。

という思いで明けた2007年。
元旦はそのまま、だらーんと過ごし、疲れた胃に雑炊などをすすって、「いやぁ、落ち着くんだよねぇ」とダンナさん。
今年はどうなる、この夫婦??!!
[PR]
by akiko03t | 2007-01-02 19:23 | 日記(Diary/Journal)